めでぃしーんBOOK2018
121/364

勤務地▼北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄海外HPhttp://www.daiichisankyo-recruiting.com/携帯・スマートフォンからも閲覧できます▶詳細は        へTransformation ~A Bridge To Tomorrow~エントリー方法▶▶▶世界には未だに治療満足度が不十分であったり、治療方法が確立していない多くの疾病が存在しています。第一三共は新薬メーカーとして人々の健康で豊かな生活に貢献するために、市場規模が大きい日本・米国・中国を中心に、グローバルに革新的な医薬品を提供すべく取り組んでいます。また日本では、第一三共グループとして新薬事業を中核としながら、「ジェネリック医薬品」、「ワクチン」、「OTC医薬品」なども扱い、日本の健康・医療の多様なニーズに応えます。第一三共は、あらゆる疾患領域をカバーする業界トップクラスの医療用医薬品数を保有しています。そのため、第一三共MRは、医師のニーズに対し様々な角度から治療提案を行うことができます。「製品」「知識・スキル」「マインド(顧客思考)」の3つを高い水準で兼ね備えた第一三共MRは、※日経メディカル誌が医療関係者を対象に実施した「製薬企業のMRに関する調査(2016)」にて、MR総合満足度NO.1を獲得するなど、直近6年間で5度の高い評価を受けています。第一三共は、抗凝固剤「リクシアナ」、高血圧症治療剤「オルメテック」、抗インフルエンザウイルス剤「イナビル」など、革新的な医薬品を世の中に数多く送り出しています。現在は、これまでに培った基盤の上に、未充足医療ニーズの高い領域で更なる研究競争力を構築し、医療満足度の向上に貢献したいと考えています。研究の重点領域を「がん」、次世代領域を「疼痛」「中枢神経系疾患」「心不全・腎障害」「希少疾患」に定め、集中的に資源を投入し研究開発を進めています。第一三共は、2025年ビジョンである「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を目指し挑戦し続けます。一三共の使命第価No.1MRとして、人々の健康で豊かな生活に貢献評一三共の挑戦第※120

元のページ  ../index.html#121

このブックを見る