めでぃしーんBOOK2018
16/364

真のプロフェッショナルを輩出するQOL認定薬剤師制度QOL認定薬剤師制度がん認定薬剤師・認知症認定薬剤師・在宅認定薬剤師・糖尿病認定薬剤師・緩和ケア認定薬剤師・精神疾患認定薬剤師スタンダードコース各疾患の最新の診療ガイドラインを学習 エキスパートコース疾患領域:前立腺癌、前立腺肥大症、高血圧、高尿酸血症、骨粗しょう症、胃食道逆流症、消化性潰瘍、乳癌、慢性頭痛、パーキンソン病、認知症、てんかん、肺癌、糖尿病、咳嗽、虚血性心疾患、関節リウマチ、HIV、肝炎、大腸癌、統合失調症、心房細動その他コース:在宅、漢方、一般薬クオール クオールには高度薬学管理を目指した当社独自の「QOL認定薬剤師制度」があり、スタンダードコースは各疾患の最新診療ガイドラインを約半年かけて毎月の学習を行うことで幅広い知識をもった薬剤師の育成を図っている。一方、さらに特定の領域に対して高度な専門知識を身につけられるエキスパートコースには、がん・認知症・在宅・糖尿病・緩和ケア・精神疾患の6つが用意されている。エキスパート薬剤師の存在意義を、大向課長はこう語ってくれた。 「例えばご高齢の患者さまががんになったとき、認知症が発症し、緩和や在宅ケアが一気に必要になる場合があります。そんな時エキスパート薬剤師には、“本当に相談できる人”になってほしいのです。当社は高度な薬学だけではなく、介護認定や高額療養費、成年後見制度などの治療に関わる総合的な相談にも乗れるよう、幅広い“本当に相談できる人”になってほしい! 教育内容を整えました。非常にハイレベルな領域ですが、意欲の高い薬剤師にぜひ、挑戦してほしいと思います」。 業界トップクラスと評判のクオールの教育研修は、決して知識を詰め込むだけのものではなく、人と人がつながり、専門知識と人間力をもって、地域医療に貢献できるような内容であった。プロの薬剤師になるための道が、クオールの教育研修にしっかりと用意されている。PCやスマートフォンからe-ラーニングでの受講が可能。認定者にはバッジが与えられる15

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る