めでぃしーんBOOK2018
343/364

勤務地▼北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄海外エントリー方法▶▶▶電話022-291-0439E-mailjinzai-kitacome@hosp.go.jpHPhttp://nho-h-t.jp/携帯・スマートフォンからも閲覧できます▶詳細は        へ国立病院機構の薬剤師は、医師や看護師、心理士、ソーシャルワーカーといった他職種が連携するチーム医療の一員として、政策医療分野をはじめとする先駆的医療の薬物療法を支えています。また、我が国最大規模の医療ネットワークを活かして、各種の臨床研究や治験に取り組むほか、災害用医薬品や感染症治験・予防薬の備蓄、政策医療分野ごとの医薬品安全情報の集積など、幅広い分野での取り組みも進めています。▲調剤業務風景▲病棟薬剤業務風景国民の健康を守るセーフティネットとして幅広い医療分野をカバーする国立病院機構では、薬剤部門においても多様な症例に対する総合的なアプローチが求められることになります。これを効果的に推進するのが各種の認定・専門薬剤師で、現場では、がん薬物療法認定薬剤師や感染制御認定薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、NST専門薬剤師といったスペシャリストが数多く活躍しています。こうした環境は若手にとって、高度な専門スキルを実地に学べるだけではなく、将来に向けたキャリアステップを構築するうえでも大きな助けとなるものです。研修体制については、薬剤師として患者さんの症状を分析するフィジカルアセスメント研修、治験の際に被験者となる患者さんをサポートする治験コーディネーター研修、総合的な知見を持って医療と向き合うチーム医療推進のための研修など、早い段階から組織的な人材育成を進めています。多様な活躍のフィールドがある“国立病院機構”であなたの目指す薬剤師を見つけてみませんか駆的医療を薬物療法で支える先ペシャリストを育てる環境ス342

元のページ  ../index.html#343

このブックを見る