めでぃしーんBOOK2018
94/364

調剤医療費は年々上昇専門業界編就職活動調剤薬局 ①かかりつけ薬剤師制度がスタート 平成28年度診療報酬改定の大きな柱の一つとして、地域包括ケアシステムの推進に伴う「かかりつけ薬剤師」制度がスタートしました。この制度は、患者に指名された薬剤師が服用する薬を一元的・継続的に管理していくもので、処方元の医師とも連携して報告・相談を行い、危険な飲み合わせや重複・過剰投与による無駄を防ぐことなどを目的としています。24時間体制で相談に応じ、必要に応じて患者宅を訪問して残薬の整理も行います。 患者がかかりつけ薬剤師を希望する場合は、薬局で国が定める一定の要件をクリアした経験豊かな薬剤師の中から1名を指名。同意書に署名した後に、専任担当のかかりつけ薬剤師が決定し、具体的な活動がスタートします。 患者にとってより良質なサービスを受けられる制度として、調剤薬局の新たな取り組みと薬剤師の職域拡大に大きな期待が寄せられています。 医薬分業の目的は、医師が患者に処方せんを交付し、保険調剤薬局の薬剤師がその処方せんに基づいて調剤を行うことで、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担して、国民医療の質的向上を図ることにあります。 病院が薬局機能を院外に出す医薬分業の推進によって、現在では医薬分業率は7割となり、私たちの生活に定着しつつあります。疾患を抱える患者が病院や診療所を訪れて治療を受けた後には、入院や特殊な場合を除いて、保険調剤薬局で医師の処方せんに基づいて薬を受け取るという、院外処方が一般的なスタイルとなっています。そして、厚生労働省令では、処方せん40枚当たりに1人の薬剤師の配置基準を義務付けています。 では、この保険調剤薬局を取り巻く市場や環境は、近年においてどのような推移と動向を示しているのでしょうか。下の図を見てみましょう。 医療や健康へのニーズの高まりとともに、調剤医療費は年々拡大傾向にあり、平成27年度には7兆8,000億円を超え、全国の薬局数も平成26年度には5万7,000店を超えています。調剤薬局はより高度な医療サービスを行う場として、社会に根強く浸透しています。[ 医薬分業率(%)(全国平均) ]H25H20H21H22H23H24(年度)H26H27日本薬剤師会調査[ 処方せん枚数(万枚) ]H25H20H21H22H23H24(年度)H26H27厚生労働省調査[ 調剤医療費(億円) ]H25H26H27H20H21H22H23H24(年度)厚生労働省調査調剤薬局業界の市場推移と動向66,43170,38078,74671,98754,40258,69565,60160,82278,98679,43080,83182,37272,00873,05677,85176,16967.068.770.059.160.763.165.166.193

元のページ  ../index.html#94

このブックを見る