めでぃしーんBOOK2018
98/364

専門業界編就職活動病院 ①病院とは ベッド数が20床以上の医療機関で、検査や入院などの医療設備を所有し、診療所では対応しきれない患者の受け入れや必要な検査・治療・手術などを行うことが大きな特徴です。そして、これまでに病院は医療の進歩や環境の変化、医療法の改正とともに変貌・再編の道をたどってきました。 1993年の医療法第二次改正では“機能による病院の体系化”を目的に、「特定機能病院」と「療養型病床群」が追加。1997年の第三次改正では、地域医療の機能分担と連携を図るために「地域医療支援病院」を新設。さらに、2000年の第四次改正では病床区分が見直され、治療を目的とする「一般病床」と療養を目的とする「療養病床」が追加分類されました。 また、2004年には、国立病院が独立行政法人 国立病院機構へと運営を移管しています。診療所とは ベッド数が19床以下の医療機関で、「○○クリニック」や「○○医院」と名乗っているところも含まれます。大半の診療所は1次医療(初期診療)の役割を担い、風邪や腹痛など日常的な病気の外来診療を中心に行っています。 医療機関は「病院」と「診療所」に大別されます。これらの医療機関で薬剤師として働くことを志望する人たちも多いことでしょう。では、この病院や診療所は、具体的にどのような機能と役割を果たしているのでしょうか。[ 種類別病院 ]■ 独立行政法人 国立病院機構国立病院が医療サービスの向上や効率的な運営を実現するため、2004年から独立行政法人 国立病院機構へ運営を移管。がん、感染症など国をあげて取り組む分野や不採算で民間の体制が不十分な分野を担い、現在は日本全国に143の病院(病床数約5万5,000床、職員数約6万人)のほか、看護学校、助産学校などの付属施設を有します。■ 特定機能病院 大学病院ベッド数400床以上を有し、厚生労働大臣の認可のもと、一般の病院などから紹介された高度先進医療行為を必要とする患者に対応する病院。一般の病院としての設備に加えて集中治療室、無菌病室、医薬品情報管理室を備え、大学病院の本院や国立の専門センターなどが対象となります。■ 地域医療支援病院ベッド数200床以上で、一般病院と特定機能病院の中間に位置し、地域の診療所や中小病院からの紹介患者及び救急患者を主に診療する病院。地域の医療機関との医療機器の共同利用、地域の医療従事者の資質向上のための研修の実施など、地域医療の基幹病院としての役割を担います。■ 療養病床急性期の疾患を治療する一般病床に対して、慢性疾患や長期の入院が必要な患者を治療するために設置されたのが「療養病床」で、医療保険の対象になる医療型療養病床と介護保険の対象になる介護型療養病床があります。■ 介護老人保健施設65歳以上の要介護認定者で病状が安定し、リハビリテーションに重点を置いた医療ケアと介護が必要な患者が入所する医療介護施設。病院の種類とさまざまな機能・役割97

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る