めでぃしーんBOOK2018
99/364

チーム医療と薬剤師 病院でのチーム医療は、医師、看護師、薬剤師などさまざまな職種の医療従事者がそれぞれの分野での専門家として意見を出し合い、緊密に連携していくことで、患者の生命と生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を向上していく医療スタイルです。その中で、薬剤師はとくに近年、より高度な専門知識と技術が求められるようになり、「専門薬剤師」の認定制度も発足するなど、職域が広がっています。主に、●ハイリスク医薬品の適正使用・ハイリスク患者の重点管理の推進●医薬品の副作用・相互作用マネージメントのための臨床検査・薬物血中濃度測定のオーダーの実施、必要な 対応の提案●副作用の重篤化回避や治療に難渋する患者への対応について、医師との協働のもと処方提案や処方 設計を分担●高度な医療判断に備えた医薬品情報の収集・評価・活用などの実践といったさまざまなシーンにおいて、その役割と有用性を発揮し活躍しています。 さらに、平成24年度診療報酬改定では、「病棟薬剤業務実施加算」100点が新設されました。これは薬剤師が病棟において、「医療従事者の負担軽減及び薬物療法の質の向上に資する薬剤関連業務を実施している場合」に算定するもので、病院薬剤師にとっての大きな期待感の表れとも言えます。※専門薬剤師の分野別詳細は100ページをご参照ください。薬局薬剤師との連携 大学病院などでは医療の連携を進めるために、クリニカルパス(診療スケジュール)を院内だけでなく、門前の調剤薬局との連携ツールとしても活用しています。医療をチームで行う仕組みの中で、病院薬剤師と在宅医療の患者を支える薬局の薬剤師とのシームレスな連携も、重要な役割として望まれています。病院薬剤師の採用事情 病院・診療所の薬剤師採用は定期採用よりも欠員募集が多いことが特色ですが、平成24年度診療報酬改定で「病棟薬剤業務実施加算」100点が新設されたことによって、新卒採用の活発化と就職者の増加が見られました。 しかし、この傾向が今後も続いていくとは限りません。また、病院は規模・種類によって、職務内容や雇用形態、待遇なども異なります。したがって、病院薬剤師を目指す人は、常に大学内の求人票をチェックする習慣を心がけ、就職部(課)などにも積極的に相談されることをお勧めします。 薬剤師レジデント制度 薬剤師レジデント制度は、医療施設での講義や実務実習を通じて、チーム医療や臨床薬剤師業務を実践できる薬剤師を養成することを目的に発足した制度です。大学卒業後に病院などの医療施設で薬剤師として働きながら研修を受講し、専門知識や技能、チーム医療での他職種との連携に必要なコミュニケーション能力を習得します。 研修は大体2年間で、回診や症例カンファレンスなどを間近で体験することで疾病に対する理解を深め、その他にも薬剤管理指導業務、病院薬局業務全般など、より現場に即した実務を身に付けていくことが特徴です。 ここ数年、卒後臨床研修として同制度を採用する医療機関が増えてきています。指導体制は、がん、感染制御、精神科薬物療法、緩和薬物療法、栄養サポートチーム(NST)、糖尿病などの専門認定を受けた薬剤師が在籍している医療施設が多く、その専門性が薬剤師教育に活用されています。病院での薬剤師のポジションと役割98

元のページ  ../index.html#99

このブックを見る