株式会社アルカ
(アルカ調剤薬局)

1店舗当たりの月間処方箋受付枚数2,900枚以上

産・官・学・民連携企業として全国で最も進んでいる兵庫県の先端医療分野において、アルカは貢献企業としていち早く認定された。好立地と環境、そして高度な医療システムと教育、単なるIT化や売上、店舗競争に巻き込まれない真の医療をめざしている。

医師・薬剤師・栄養士をすべて含めたグループ診療構想こそがこれからの調剤薬局のスタンダード

医療現場の状況は、医薬分業の中で高齢化・患者のニーズの変化や、医療改革等にさらされ急激に変化している。調剤薬局の薬剤師は調剤業務にとどまらず、チーム医療の一員として、より積極的な患者へのかかわりが求められている。アルカは、医師・薬剤師・栄養士を配置し、病気の治療だけではなく、ケアも提案できるチーム医療のプロ集団化を図っている。そのため個々の薬局の大型化が避けられないと考えている。多種多様な医薬品と診療科目の中、また在籍する多くの薬剤師の中、自分の疑問をその場で解決できる環境を作ることで薬剤師の能力は飛躍的に高まってきている。そんな環境で教育を受けたアルカの薬剤師はかなり高い能力を身につけている。

多彩な教育システム

新卒薬剤師としての基礎学習のカリキュラムは、全処方ニーズに対応できる広い知識を習得するための研修科目が用意されている。特に新人研修時は特別専任スタッフによって、アルカの理念、薬学、店舗管理などの基本スキルを勉強する。また、カリキュラムも多彩でプロフェッショナルな講師陣による講習により、薬剤師の教育をより徹底している。配属後の研修は現場での個別OJT研修、認定薬剤師資格支援研修会、薬局長研修会など、全薬剤師に対するフォローアップを中心に行っている。

在宅医療、漢方専門薬局

少子高齢化が急速に進む中、在宅医療を必要としている患者は多数存在する。医師・看護師・薬剤師・ケアマネージャー等が連携を取り、患者個々にあった在宅医療を行っている。患者宅を1件1件訪問し、服薬指導だけではなく、何気ない会話の中から体調の変化を察知し医師に報告するのも薬剤師の仕事だと同社は考える。 漢方専門薬局では、よく使われる西洋薬では対応が難しい症例でも、いくつかの生薬を組み合わせることで、より副作用が少なく効果が期待できる薬が処方されている。

これからの調剤薬局とは

アルカの手掛ける医療ビル・メディカルモールには様々なメリットがある。高齢になればなるほど何件もの病院に通院する頻度が増加するが、1つの場所に様々な診療所があることで、患者は1日でまとめて受診することができるため、移動時間の短縮や負担の軽減になる。また、受診後まとめて複数科目の処方箋をお持ちいただくことで真のかかりつけ薬局となり、重複投与・相互作用、コンプライアンス等を徹底管理し、患者のQOLの向上を図ることができる。また、ドラッグストア併設店では、場合によりOTCをお勧めすることもある。ドラッグストアのスタッフとも連携を取り治療に必要な衛生用品や介護用品の案内も適宜行っている。