株式会社クラスターメディカル

弊社の業務は施設在宅をメインとしております!超高齢化社会に無くてはならない薬剤師へ!!
今回は施設での往診同行についてお話しします。
薬剤師が施設での往診に同行し、その場で服薬上の管理、問題点、処方提案等を行い、他業種と連携して患者様の薬物治療を支援します。
また、施設在宅のみではなく、昨年開設した訪問看護リハビリステーションとも連携し、個人宅やサービス付き高齢者住宅での業務を行っております。

在宅医療の現場

往診日前の仕事
連絡FAXと薬歴確認
医師への報告、処方支援の事前準備など

施設スタッフから往診が始まる前に患者様の情報を頂きます。 事前に体調変化、処方希望、新患情報等を把握し、診察を円滑に行うためです。 その情報と前回までの服薬指導歴をもとに往診時に報告する内容や処方提案する内容を検討します。

在宅医療の現場

往診同行時の仕事
診察、処方の瞬間に立ち会います

診察に同行し、患者様、医師、看護師等へ薬剤に関する必要な報告、場合に応じて処方提案を行います。 入居時や入院から施設に戻られた際には特に注意が必要です。 診療情報提供書と持参された薬剤が異なるといった場合も多くあるからです。 実際に服用している薬剤を報告し、異なる薬剤が処方されることを防ぎます。 医師が薬剤の選択に困っている際には代替え案等を提示し薬剤選択肢を増やすことにより医師をバックアップします。 このように往診同行では処方変更や中止などの指示を仰ぎ処方設計に関わることが出来ます。 *診療情報提供書:病名や既往歴、病状、検査データ、内服・注射・処置などの治療の経過や予後など様々な情報が記載されている。

在宅医療の現場

往診同行後の仕事
調剤、薬剤管理、服薬指導

往診から戻ったあとに調剤、監査、再度訪問し服薬指導を行います。 内服薬は日付や居室番号などを印字し一包化調剤を行います。 漢方薬を含めてのパッケージや、施設の要望に合わせ個人ごとのカセット、1日ごと・用法ごとのケースへセットなど、施設の大きさやスタッフの人数等に応じてきめ細やかに対応します。 点眼薬や湿布にも名前シールを貼り、連日貼付する薬剤に関しても日付を記載します。 このように施設の患者様は集団生活を行っており、誤薬を防ぐため調剤に時間が掛かってしまいます。

在宅医療の現場

チーム医療に参加し、異業種連携を行います

在宅医療では外来調剤と異なり、ひとりの患者様を医師、歯科医師、看護師、ケアマネージャー、介護福祉士、機能訓練指導員など様々な職種の人と連携します。 薬剤師としてそれぞれの職種から様々なことを学びます。 薬局から飛び出し、患者様を中心としてさまざまな職種と連携することは刺激になり、薬剤師としてだけでなく、「ひと」として成長することが出来ます。

在宅医療の現場

総合的な知識が必要かつ勉強できる

在宅患者様の処方箋ではさまざまな処方内容を目にすることができます。 高齢者の患者様は生活習慣病を中心に消火器科、皮膚科、精神科、泌尿器等の領域も罹患されている方が多く、それに伴い薬物治療も多剤併用されており調剤も複雑なことが多いです。
在宅業務では総合科目の知識が必要です。 診療情報提供書、看護サマリー、ケアプラン、検査データ、既往歴、患部(皮膚潰瘍や湿疹等)の目視等、通常の外来では手に入らない情報から効果判定や副作用の判断を行います。
*看護サマリー:看護師により入院中の経過やケアの注意点などが記載されたもの。
*ケアプラン:介護サービスの計画書のこと。患者がどのような介護サービスを受ける予定なのかが記載されている。

在宅医療の現場

弊社の取り組み
調剤設備に積極的に投資
訪問薬剤師の質

電子薬歴による薬歴業務の効率化 在宅業務におけるタブレット端末の導入を行い、薬局外での薬歴の閲覧や問い合わせ対応が可能となりました。 自動錠剤分包機、自動軟膏混合機等の導入による調剤の効率化を積極的に行い、調剤業務をサポートします。 薬局の顔として訪問し、ひとりの患者様を中心として様々な職種と連携し薬物治療を支援することが出来る薬剤師が今後、社会のニーズとして求められるでしょう。 弊社では社会に求められる薬剤師を育てたいと考えております。

  • 株式会社クラスターメディカル
  • 〒244-0803 神奈川県横浜市戸塚区平戸町1212-62 TKビル1F
  • TEL:045-820-3193 採用担当 佐藤