みよの台薬局グループ

一歩先の在宅医療
~在宅の最前線ここにあり~

在宅医療の現場

他社に先駆けた25年のノウハウと実績

介護保険スタート以前の1991年から他社に先駆けて在宅に対応。在宅に必要なスキルで重要なものが経験値とトリアージ能力。在宅に長年携わった経験豊富な薬剤師が多数在籍。自然に経験値が上がり、様々な対応力が身に付きます。

在宅医療の現場

地域包括ケアの要となる薬剤師

医師のパートナーとして、薬剤師の専門知識が不可欠になってきています。医師と治療方針を立てながら、患者さんの生活環境や認知度など様々なことを考慮した上で最適な薬剤を選定し、処方設計を行っています。

在宅医療の現場

ドミナント展開を活かし在宅を効率化

緊急時の対応などを行うためには近隣に店舗を展開し、1店舗当たりの在宅件数を減少させることと薬剤師の行き来を容易にする必要があります。ドミナント展開を活かし、いかなる在宅にも迅速に対応しています。

在宅医療の現場

終末期の緩和ケアにも一歩先に対応中

2014年に癌終末期の患者さんが多く在宅へとシフトし、麻薬の皮下持続注入療法が在宅でも求められました。難しいケースですが、専用ポンプのレンタル、混注、コンサルテーションも一歩先に多数実施しています。

在宅医療の現場

無菌室稼働率100% 毎日稼働しています

IVH、麻薬の混注も毎日多数依頼が舞い込み、2店舗の無菌室稼働率はなんと100%です。薬価収載のほぼ全種類の輸液及び注射用麻薬も在庫し、いかなる依頼にも即座に応えられる体制を整えています。

在宅医療の現場

運転ができなくても大丈夫

 12年前より在宅には、ドライバーを同行させています(一部店舗除く)。薬剤師は、薬歴や管理計画のチェック、薬の内容の確認などの業務を効率よく実施可能になります。運転ができなくても在宅に取り組めます。