薬学生・院生専門就職情報サイト めでぃしーんねっと2019
アイングループ
名前
加藤 晋也
2008年北海道薬科大学卒業。薬局長・ブロック長の経験を生かし、アイングループや薬局薬剤師の魅力を薬学生に伝えています。
インターンシッププログラムの特徴は?
医療を取り巻く環境が変化する中、薬局薬剤師に求められることは日々進化をしています。その中で「今の薬局、これからの薬局はとても面白い!」ということを肌で感じていただきます。
大きく分けると三つのカテゴリーに分かれていますが、一つ目は、薬局業界の今を知り、アイングループの薬剤師業務を体験することで、理想の薬剤師像が見つかります。二つ目は実際の新入社員研修で実施しているグループワークを体験することで、コミュニケーションの大切さを理解できます。三つ目は疑義紹介、医師への処方提案、トレースレポート作成を体験することで、薬局薬剤師の面白さを感じていただきます。
インターンシップを通してどのようなことを学んでほしいですか?
まずは自分のなりたい薬剤師像を見つけて欲しいと思っています。インターンシップを通して業界、企業の本質を知ることで、新しい視点も見つかるはずです。そして自分のなりたい薬剤師像に近づけることができるのは、どこなのかをインターンシップで見極めてもらいたいと思います。
変わりゆく医療業界で活躍し続けるためにも、将来、薬剤師として成長できる環境を選ぶことが大切です。会社説明会が解禁される来年の3月に、スムーズに企業選びを行なうためにも今のうちから自分探しをしていきましょう。
学生のみなさんへメッセージ
みなさんは、これから人生のスタートラインに立ちます。就職活動というのはあくまで人生の通過点であり、その先にはまだまだ長い人生が続きます。その中で自分がもっとも輝ける場所、自分らしくいられる場所を探していかなければなりません。一時的な感情に捉われることなく、根底から自分を見つめ直し、「何が自分にとって大切か」を明確にしてみてください。自分探しをするためにもぜひ早い時期からインターンシップに参加をしましょう。
アイングループのインターンシップでは、それが実現できます。みなさんにお会いできることをお待ちしております。
参加学生の声
薬局薬剤師のやりがいをよく知ることができました。担当の方や現場で働く社員の方々が活き活きと楽しそうに仕事をされていたのがとても魅力的でした。その中でアイングループの取り組みはもちろん、薬剤師としてどう活躍していけるのかを学ぶことができました。加えて他大学の学生とも交流ができ、沢山のディスカッションをすることによって、自分とは異なった意見を聞くことができました。自分自身の視野が広がり、薬局で働く自分をイメージすることができました。
店舗外観
全国1,068店舗を展開する業界最大手※の調剤薬局。
徹底した「社員ファースト」を貫き、地域の医療インフラを目指しています。
※売上高、営業利益、店舗数 会社四季報業界地図2016年版
お問い合わせ先
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目1-5
JR南新宿ビル11F
担当/採用課 インターシップ担当 宗、柳、稲垣、染谷、石黒
[TEL]03-5333-1811
[Email]tokyoain@ainj.co.jp
[HP]http://www.ainj.co.jp/internship/2019/
インターンシップの詳細、お申し込みはこちら