薬学生・院生専門就職情報サイト めでぃしーんねっと2019
日本調剤株式会社
名前
橋 麻未
2009年日本調剤入社。管理薬剤師を経て、2014年から本社に異動。現場経験を活かし、インターンシップや薬局見学等を担当。
インターンシッププログラムの特徴は?
「薬の味見体験」「店舗業務体験」「在宅医療体験」等、先輩薬剤師の経験に基づいた実践的な内容が特徴です。
昨年は全国で1,000名以上の薬学生の方にご参加いただき、「大手ならではの内容だった」「実習前の準備になった」「門前薬局のイメージが変わった」といった感想をいただきました。日本調剤は総合病院の門前薬局が全体の約7割を占めるので高度な処方せんが多いですし、ほぼすべての薬局で在宅医療に対応していて、特に小児在宅への取り組みには関心が高かったです。薬局でこれだけ高度な医療に関われるということに、驚きの声が多く上がりました。
インターンシップを通してどのようなことを学んでほしいですか?
全国各地で地域に合わせた様々なプログラムを用意していますが、共通しているのは「薬局薬剤師として働く魅力や職能を存分に体験できる」ということです。
例えば、昨年一番人気だったのが、当社の新人研修でも扱っている「薬の味見体験」です。薬学生の方は、薬効は勉強していても、薬の味までは注目していないかもしれません。しかし実際の現場では薬の味を聞かれることは意外に多く、自分自身もその味を知ることで服薬指導の幅が広がります。この実習を通して、患者さまの立場に立った服薬指導の本質を学んでほしいと思っています。
学生のみなさんへメッセージ
学業が忙しくて大変なことでしょう。目の前のことに精一杯取り組むことは大切です。でも、できればもう一人の自分を作って、将来のことを考えてみてください。みなさんの前には、あらゆる可能性が広がっています。いろいろな選択肢を知って段階を踏んでいけば、きっと将来、なって良かったと思える薬剤師になれます。それを先輩としてお手伝いできたら、こんなに嬉しいことはありません。
ぜひこの機会に、自分の目でたくさんの現場を見て、薬学生として一歩成長する機会にしてみてください。たくさんのご参加をお待ちしています!
調剤室風景
日本調剤は、全国に550店舗以上を展開する大手調剤薬局です。高度医療や在宅医療をはじめ、常に医療の最前線を担い、地域医療に貢献しています。
お問い合わせ先
〒100-6737
東京都千代田区丸の内1-9-1
グラントウキョウノースタワー37階
担当/日本調剤 インターンシップ事務局
[TEL]0120-306-411
[Email]internship@nicho.co.jp
[HP]http://www.nicho.co.jp/internship/
インターンシップの詳細、お申し込みはこちら