めでぃしーんねっと2019

就活の流れ

各業界・企業・病院・自治体によって、それぞれ採用スケジュールは異なりますが、まずは就職活動の全体像を把握することが大切。
そして、自分のターゲットにあわせて、早めの情報収集を心がけて行動していきましょう。

  
2016年 就活の流れ    2016年 就活の流れ
     2019年 就活の流れ             2019年 就活の流れ
学部6年時は、研究や卒業論文、薬剤師国家試験対策などの予定があり忙しいため、今からできることを確実に進めていくことが大切です。

自己分析

まずは自分を知ることからはじめよう!

自己分析は今後の進路を考えるうえでの基本であり、履歴書やエントリーシート作成をはじめ、面接で「志望動機」や「自己PR」を自分自身の言葉でハッキリと相手(面接官)に伝えるためにも必要不可欠なものです。
「あなた自身を一言で表現してみてください」、「なぜ、当社を志望するのですか?」、「当社で、あなたはどのような仕事を実現したいですか(できますか)?」、「あなたの長所・短所は?」、「あなた自身が描く将来像は?」・・・。このような質問を投げかけられた時に、あなたは自分自身の言葉ではっきりと答えることができるでしょうか。

それらの質問にしっかりと答えるためにも大切なのが「自己分析」です。客観的に自分を理解し、早い段階から自分のビジョンを確立することができれば、その後の就職活動において大いに役立つはずです。逆に自己分析ができていないと、面接などでつまづいてしまうことにもなりかねません。
大学の中には、1年生の段階からガイダンスで「自己分析」を取り上げるほど、就職活動及びその後の社会人生活において大切なものと言えます。
自己分析は、鏡に向かって自分の意見を述べてみることも大切ですが、逆に親しい友人や家族などに、あなたに対する率直な意見を聞いてみるのも効果的です。

自己分析チェック項目

以下の項目を、ノートかパソコンにできるだけ詳しくまとめてみましょう。まとめる過程で明確にすることは、自己の「経験・体験」「趣味・興味」「価値観・信念」「将来像」です。
たとえば「アルバイト」なら、どんなアルバイトをしたか、だけでなく、そのアルバイトを選んだ理由、アルバイトで何を感じ、学び、得たのか、まで掘り下げてまとめます。

経験・体験

何を感じ、何を得たのかを考える。
(なぜ薬科大学へ進学したのか)

  • □ 大学での専攻科目
  • □ 得意・不得意科目
  • □ アルバイト
  • □ 旅行
  • □ ボランティア
  • □ 友人関係
  • □ サークル・部活動

趣味・興味

自分の関心、興味を就職と
関連づけて考える。

  • □ 現在の趣味とその変遷
  • □ 興味の対象とその変遷
  • □ 座右の銘、好きな言葉

価値観・信念

これから何がしたいのか、
将来設計を考える。

  • □ 職業観(薬剤師の資格をどう活かしたいのか)
  • □ 人生観(人生の価値を何に求めるか)
  • □ 就職先を決定するうえでの優先ポイントは?
企業選択の基準の内訳
  • □ 仕事内容
  • □ 企業規模
  • □ 経営方針
  • □ 知名度
  • □ 技術力
  • □ 昇進昇格
  • □ 給与水準
  • □ 休日休暇
  • □ 福利厚生
  • □ 勤務地
  • □ 勤務時間
  • □ 地理的条件
  • □ 社会貢献度
  • □ 社風 など

将来像

5年後、10年後、20年後
どういう社会人になっていたいのかを
考える。

「わたしはこのような人間です。
だからこそ○○業界、○○職種を志望するのです」
と自分の言葉で話せるようにすること。

          

業界・職種研究

まずは幅広く「業界研究」「職種研究」をすることから始めましょう!

調剤薬局、ドラッグストア、医薬品メーカー、CRO・SMO、病院、医薬品卸、自治体など、薬学生の就職先進路は実に多彩です。
たとえば、メーカーと聞くと医薬品メーカーを思い浮かべる人も多いと思いますが、最近では化粧品メーカーや食品メーカーに就職する薬学生も増えています。また、病院は狭き門ではあるものの、平成24年度の診療報酬改定で「病棟薬剤業務実施加算」が算定されたことによって、新卒採用に力を入れる傾向が見られます。
あるいは、国家公務員Ⅰ種試験をパスして薬系技官としての道を歩む人をはじめ、自治体への人気も今まで以上に高まってきています。
このように薬学生のみなさんの進路にはさまざまな可能性があり、自分にとって「ベストな就職先進路」を選択していくことが就職活動では大切です。そして、そのために必要なのが「業界・職種研究」です。
まずは、様々な業界・職種の社会人の先輩から話を聞いたり、各社のインターンシップに参加をし、将来の社会人像をイメージしてみましょう。

チェックポイント

  • 業界の規模、将来性
  • 業界を構成する企業およびそれぞれの特徴
  • どんな業界にどんな職種があるのか
  • 各業界の事業内容
スマホ表示に切り替え