めでぃしーんBOOK2019
291/356

在宅の本質は看取りをデザインすることです。自分が過ごした場所で自分らしく最期を迎えたいと言う願いが非常に多いです。健康寿命を過ぎた高齢者が多く、自立した療養ができないことがほとんどです。「人生最期の願い」と「一番大切にしたいこと」を維持し続け人生の幕引きができるようサポートすることが重要です。パイオニアだから知っている看取りをデザインする在宅とは。取りをデザインする究極の在宅医療①首都圏に80店舗、②通勤時間:40~60分、③地域密着の証の集中率:平均61%、④健康サポート薬局:2店舗(東京都・栃木県)、⑤在宅対応店舗:85店舗、⑥在宅開始は1991年:27年の実績⑦在宅対応件数:個人6,000人、施設6,000人、⑧1日あたりの在宅業務:18.9%、⑨混注業務:2,000回/月、⑩麻薬取り扱い店舗:85店舗、⑪麻薬は全種類在庫、⑫医療機器も500台以上自社保有イテク系在宅もシームレスに対応可能な体制完備字で見る「みよの台薬局グループ」医療機器の進歩で高度な医療でも在宅療養が可能になりました。今後増加する後期高齢者の癌患者では麻薬皮下持続注入療法が急激に広がります。しかし多くの医療機関は医療機器を保有していません。癌末期の方は退院連絡の後、平均1ヶ月以内に亡くなります。患者ニーズに即座に応えるため、医療機器を大量保有しシームレスに在宅復帰をする支援を行い多くの患者さんの願いをかなえています。一歩先の在宅医療看取りをデザインする究極の在宅医療勤務地▼北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄海外企業が実践する在宅医療の現場特集にも掲載P55エントリー方法▶▶▶携帯・スマートフォンからもエントリー可能!▶電話03-5957-7341E-maillucky-saiyou@miyonodai.co.jpHPhttp://www.miyonodai.co.jp/ハ看数290

元のページ  ../index.html#291

このブックを見る