めでぃしーんBOOK2019
98/356

調剤薬局で働く薬剤師の仕事[ 調剤薬局店舗での薬剤師の仕事の流れ ]処方せん応需・確認薬歴(前回処方)の確認調 剤鑑 査服薬指導・薬剤の交付調剤報酬の算定薬歴の記録・調剤録作成 調剤薬局で働く薬剤師の店舗での仕事内容は、患者の処方せんの応需と内容確認から始まって、調剤業務、服薬指導、薬剤の交付といった一連の業務に沿って行われます。店舗の規模によって薬剤師の配置数は異なりますが、患者の安全性を重視した正確さと待ち時間の短縮を念頭に置いたスピーディな業務が求められます。■ 処方せん応需・確認患者から処方せんを受け取り、記載事項をしっかりと確認します。 ■ 薬歴(前回処方)の確認 過去に来局した患者の場合、薬剤服用歴(薬歴)を見て前回の処方と今回の処方を比較して問題がないか確認します。■ 調剤医師の処方内容に基づいて正確な調剤を行っていきます。個々の患者ごとに必要に応じて、一包化・分包化・錠剤の粉砕なども行います。■ 鑑査調剤された薬が処方せんの指示通りで誤りがないかを確認します。調剤過誤を防止するうえでも大変重要な業務であり、もし処方内容に疑問が生じた場合は、医師に対して速やかに疑義照会を行います。■ 服薬指導・薬剤の交付患者に安全で有効な薬物療法を提供するために、服用方法、保管方法、薬効、副作用、相互作用など、薬の専門家として指導と助言を含めた情報提供を行い、薬剤を交付します。また、これらの情報提供は、薬剤師にとっての義務でもあります(薬剤師法第25条の2)。そして、患者のニーズにしっかりと応需していくためにも、薬剤師には医療者としての知識やスキルに加えて、「コミュニケーション能力」が重要な要素として求められます。■ 調剤報酬の算定 健康保険法に基づいて調剤報酬の算定を行います。■ 薬歴の記録・調剤録作成 患者の応需内容を薬歴に記録し、次回来局した場合の服薬指導などに役立てていきます。また、薬剤師が調剤を行った証拠として、調剤録を作成します。店舗での一般的な薬剤師の仕事専門業界編就職活動調剤薬局 ②97

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る