先輩薬剤師からのメッセージ

Message1芝史朗さん

Message2依田恭香さん

Message1 患者様と医師の橋渡し役を担うことで医療人である薬剤師のやりがいを実感できます。

芝史朗さん 1

会社を選んだ理由

私は新卒でマツモトキヨシに入社し、薬剤師としてOTCと調剤業務の両方を経験しながらやりがいのある日々を送っていました。しかし、以前から治験業務にも興味があって、思い切って決断。外資系CROに転職しました。
希望した臨床開発の仕事はとてもやりがいのあるものでしたが、繁忙期には連日終電で帰ることも珍しくなく、プライベートと仕事の両立しやすい薬剤師に戻りたいという気持ちが徐々に強くなり、再び転職を考えるようになりました。
「次は最後の転職」。そう考えて転職活動に臨む私が重視したのが、安定した会社、教育研修や人事制度がしっかりしていて将来のキャリアパスがはっきりと思い描ける会社というものでした。
そして、私が出した答えは「マツモトキヨシ」でした。志望理由を満たしていることに加えて、かつて働いていた時以上に調剤部門に力を入れている点に、薬剤師として大きな魅力を感じました。

芝史朗さん 2

現在の仕事について

現在は面分業中心の調剤専門店で、店長・薬局長として店舗全体のマネジメントを担い、自分自身も薬剤師として患者様のさまざまなニーズに応需しています。患者様を迎えるにあたって温かみのある店舗であること、そしてスタッフにとって明るく働きやすい店舗づくりに努めています。
患者様と信頼関係を築くと、投薬中に医師の先生の前では言いづらいことを相談されるケースがあります。それを傾聴して、患者様了解の上で医師に相談した結果、治療方針や内容が変わることもあります。現場で拾い上げた患者様の声を医師と話し合うことによってより良い治療に貢献でき、その結果患者様から感謝の言葉をいただいた時には、医療人である薬剤師として格別なやりがいを実感できます。
また、前職の外資系CROで身につけた英語力やパソコンスキルを、現在の仕事で活かす場面もあります。たとえば外国人の患者様が来局された時には英語が役立っていて、キャリアアップにつながっています。

芝史朗さん 3

今後の目標・メッセージ

芝史朗さん 3

店舗全体の繁栄と調剤部門強化への貢献を目指しています。

新店立ち上げから現在まで大きなトラブルもなく順調に処方も伸びていますが、今後も患者様を大事にする薬局を心がけて、リピーターを増やしていきたいと思っています。
また、マツモトキヨシでは調剤部門の伸びとともにますます力を入れているので、将来は調剤業務に関する教育やシステムの改善に携わりたいとも考えています。
転職活動には不安や期待などいろいろな感情が付きまとうと思います。そのような中で、自分のキャリアをどのように活かせるか、5年後、10年後にどんなことをしていたいかを強くイメージして、それが可能な会社を探すことが大切だと思います。私にとっては、それがマツモトキヨシというフィールドでした。
当社は中途入社のハンデは一切なく、がんばればがんばった分だけ評価される人事制度もありますし、休日休暇もきちんと取得できてオンとオフのバランスも充実しています。ぜひマツモトキヨシで私たちと一緒に働いてみませんか!

エントリーはこちら!

Message2 女性にとって働きやすい環境が充実。自分の可能性を広げることができる会社です。

依田恭香さん 1

会社を選んだ理由

もともと人と接することが大好きで、学生時代のアルバイトもお客様応対の接客業を行っていました。そのような経験もあって、就職も薬剤師としてお客様や患者様と身近に接することのできる会社を志望しました。
ドラッグストアに興味を持ったのは、医薬品・健康食品・化粧品・日用雑貨などたくさんのアイテムを扱っていてさらに調剤の分野もあること、また調剤だけでなくお客様と一緒に薬や商品を選んだり、患者様の困り事にアドバイスもできれば何でも対応可能な薬剤師になれると考えたからでした。
そこで私が一番注目したのが、当時TVCMなどでも目にしていたマツモトキヨシ。さっそく会社説明会に参加し、将来的なビジョンを聞いて、売り場も調剤業務も両方できる薬剤師を目指したい自分の理想に近づくことのできる会社だと確信しました。そして、せっかくドラッグストアを選ぶなら、「業界NO.1企業であるここにしよう!」と思い、当社に決めました。

依田恭香さん 2

現在の仕事について

本部スタッフとしてCS(Customer Satisfaction:顧客満足)トレーナーを務めています。
CSトレーナーは、新店や改装店のパート・アルバイト社員を対象にした接客スキル向上の研修、新入社員を対象にレジ操作と接遇の基本を伝える研修の講師役を担うことが主な役割です。社内公募制で自ら手を上げて、5年前から担当しています。
また、現場目線・現場感覚を失わないために、調剤専門店で薬剤師業務にも従事しています。店舗は医療モールの門前薬局としてだけでなく、面分業薬局として近隣医療機関も含めて多種多様な処方せんニーズに応需していて、スキルを高めるのに適しています。
薬剤師として私が常に大切にしているのは、「患者様との距離感」です。入社以来、たくさんの相談を受けていろいろなアドバイスをしたり、ご家族のお話をうかがったりするうちに、一歩一歩距離を縮めて頼られる存在を目指してきました。患者様のお役に立てることは本当にうれしいですし、そこで築いた信頼関係は薬剤師としての大きなやりがいであり、かけがえのない財産になっています。

依田恭香さん 3

今後の目標・メッセージ

依田恭香さん 3

CSトレーナーとして、患者様の満足を高めていける薬剤師を育成することが目標です。

CSトレーナーとしてマツモトキヨシのお客様応対力のレベルアップと、患者様に身近な存在として親しみを感じていただけるコミュニケーション力を持った薬剤師の育成に取り組んでいきたいと思っています。CS、さらにPS(Patient Satisfaction:患者様の満足)を高めていける薬剤師を一人でも多く育成していくことが目標です。
 マツモトキヨシにはたくさんの魅力がありますが、女性にとって働きやすい会社であることも大きなメリットだと実感しています。結婚しても仕事を続けられることはもちろん、出産後も産休・育休制度を利用して戻れる場所があるのはうれしいですし、安心できます。復職後も会社のさまざまな支援制度を活用して、薬剤師として、妻として、母として、仕事を続けることができています。
 そして、もう一つの大きな魅力が、自分の可能性を広げられる会社だということ。薬剤師、店長、商品開発、CSトレーナーなど…、やる気次第で多岐にわたる仕事にチャレンジして、キャリアを開拓していくことができます。このような環境はなかなかありません。興味のある方は、マツモトキヨシでそれを体感してみてください。お待ちしています!

エントリーはこちら!

ページのTOPへ戻る

マツモトキヨシグループ