01 小嶋 彩夏さん(薬学部 薬学科/生体機能解析学研究室)【内定先企業名】洛和会ヘルスケアシステム(薬剤師(病院))

■学生時代の一番の思い出
研究室での思い出です。特研旅行ではジップラインやスポーツ大会をしました。他にもコテージや海へ行き、普段では味わえないようなアクティブな体験をたくさんしました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

私は実務実習が2期・3期だったため、早めに合同説明会やインターンシップに参加しました。他にも先輩の話などを聞いたことで、病院だけでなく薬局やCROなどの様々な職種の理解を深めることができました。その上で実務実習において、病棟業務やチーム医療を体験し、他職種の方と意見や情報を共有しながら、患者さんにとって最善の治療を提供しているところに興味を持ち、自分もそこに携わりたいと考え、病院薬剤師を志望しました。また様々な症例を経験することで、薬のジェネラリストとして多くを学べる点にも魅力を感じ、病院薬剤師になりたいと決意しました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

私は将来、薬のジェネラリストとして患者さんや他職種の方から信頼されるような薬剤師になりたいと考えています。よって急性期病院であり、また患者さんのために様々な取り組みを行っている病院で働きたいと考えていました。洛和会ヘルスケアシステムの説明会に参加した際、在宅医療やポリファーマシーなど様々な取り組みが行われており、薬剤師として患者さんのためにできることを増やそうと努力されていると強く感じられました。また実際に働いている方の雰囲気も良く、私もこういった周りと協力しながら尊敬できる人たちの下で働きたいと考え、洛和会ヘルスケアシステムに決めました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

私は面接で話す内容を考えることに苦労しました。私は予想していなかった質問がくると答えられなくなるのではないかと考え、実習で経験したことを書き出したり、20問ぐらいの質問されそうなことをまとめたりしました。それをキャリアサポート課の方や、研究室の友達、就活を経験した他大学の友達にも添削をしてもらい、アドバイスをもらいました。準備をたくさん行ったことで自信を持て、本番は落ち着いて話すことができました。また病院薬剤師は国家試験の合格が最低条件ですので、就職活動と勉強の両立に苦労しました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

少しでも興味がある会社には説明会へ行き、疑問に思うことなどを積極的に解決した方が良いと思いました。私は、説明会前には質問する内容をいくつか考えておきました。病院や製薬業界や薬局など、どの業界も密接に関係しているため、興味のない業界でも広く視野を持つことで職種理解が深まります。アドバイスとしては、私は就職活動を早めに始めたことで準備する時間を取ることができ、自信を持って就職活動ができたので、早めに行動することをおすすめします。周りのことは気にせず、最後まで諦めずに頑張ってください。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

私は、春から病院薬剤師として働きます。ジェネラリストとして、多領域で活躍できる薬剤師になることが目標です。実務実習では薬剤師に対し、副作用の判断や、薬を中止するタイミング、検査値のことまで意見が求められていました。その質問に対し的確に答えるためには、病態や薬の幅広い知識が必要だと考えます。洛和会ヘルスケアシステムは急性期から慢性期までの様々な領域を経験できるため、幅広い知識を身につけ、患者さんや他職種から信頼される薬剤師になりたいと考えています。また、臨床を経験した後は、それを客観的に裏打ちされた資格をとっていきたいと考えています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

様々な職種のインターンシップや説明会に参加したことで、今まで話したことのないような人達と繋がりを持てました。グループワークなどを通して、自分にない考えを知ることができ視野が広がりました。また考え方が広がるだけでなく、その会社の情報共有ができたり、同じ志を持つ者同士なのでモチベーションの高め合いもできました。このことから説明会に参加する方が良いと思いました。その人達とは今でも関係があります。気を張り過ぎず就職活動頑張ってください。

02 坂井 伸次さん(薬学部 薬学科/循環病態治療学研究室)【内定先企業名】クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社(モニター)

■学生時代の一番の思い出
私は、テニス以外をしていないと言っても過言ではありません。試験はそれなりにやっていましたが、試験中もテニスのために身体づくりに打ち込んでいたのが一番の思い出です。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

私が職種研究を行う上で大切にしたのは、部活動で築き上げられた縦の繋がりです。インターネット上で見かけるような、アポなしで会社に飛び込んだり、手当たり次第に1度も会ったこともない先輩に連絡するようなことはありませんでしたが、幸い様々な職種の先輩方と知らず知らずのうちに知り合っていたので、部活動のOB会でお会いする機会を通じてお話を聞き、興味を持った職種に対してはさらに自分で会社概要を検索したりしました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

職種研究はCROに決めた以降、色々な会社のお話を聞きに行きました。先輩のお話を伺うことや、めでぃしーんなどの就職サポート企業が行っている合同説明会にも1社でもCROが出ていれば出向き、的を得ているのかどうかわからないような質問をしていました(笑)。就職活動を終えて思ったことではありますが、薬学生が一通り考えそうなところしか見ていなかったなと思います。しかし、その中でもCROに就職したいと思った理由は、今後変わりゆく医療業界で様々なことができる上に、新たな取り組みにもいち早く挑戦できると感じたからです。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

私が一番苦労した点は、自己分析です。その際、先輩や同期、就職支援、大学関係者の方々には大変お世話になり、今でも感謝しております。私が苦労したと感じたのは、某会社の人事の方に「あなたらしさが伝わってこない。そのまま評価シートに書くよ」と言われたことがとてもショックだったことです。ある程度自分でも自分のことを分析し、それなりに自己分析できている気になっていましたが全くできていませんでした。そのため私は、マンツーマン(また少人数)で自己分析を行ってくれるセミナーや、外部の就職サポート企業の方にアポイントを取ってぎりぎりまで(笑)エントリーシートを書き直していました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

当たり前のことですが、「誰のために」仕事をするのかを考えながら、悩みながら就職活動をしたらいいと思います。私も、社会人となって「患者さんのために」仕事をしていると実感するまでには、多くの時間がかかると思いますが、忘れずに過ごしたいと思います。初任給、有給、残業時間などに目が行きブラック企業などとインターネット上では言われますが、医師と比べればすべてホワイトだと思います。見失ったら「誰のために」を意識して職種を選択していったらいいかと思います。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

私のとりあえずの目標は「5年間は働く」ことです。ある講義で人生は30歳(初めの5年)で決まると教えていただきました。初めの5年間は妥協せずに自分を高めるために何が必要かを自問自答しながら行っていきたいと思います。そして、自分の行動を通して一人でも多くの人が幸せになれるように精進していきます。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

「継続は力なり」「先輩はいつの時代も偉大」この二つは痛感しました。続けていれば、気にかけてくださる方がいらっしゃり、自分が歩もうとしている道には先に誰かがいて、そこに何かプラスしていく仕事が多いことを感じます。

03 坂部 有沙美さん(薬学部 薬学科/環境分子生理学研究室)【内定先企業名】一般財団法人 日本食品分析センター(研究)

■学生時代の一番の思い出
学生時代の一番の思い出は部活動で様々な山に登ったことです。みんなで力を合わせて登ったあとに山頂から見る景色はとても綺麗で、良い思い出がたくさんできました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

私は実験が好きなので、将来は薬剤師として働くのではなく、研究職や分析職に就きたいと考えていました。最初は研究職と分析職の違いもよく分かっておらず、将来自分が具体的に何をしたいのかも決められず迷っていたため、インターンシップで両方の職種を見てみることにしました。実際に働いている方の雰囲気や仕事内容を間近で見て、体験することでそれぞれの職種の良さなどを知ることができました。私は医薬品を一から作るよりも医薬品の安全性を守るために働きたいと思い、分析職を志望するようになりました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

まず分析ができる職種にどのようなものがあるのかを調べました。それまでは製薬会社の品質管理職のことしか知りませんでしたが、分析に特化している会社もあることを知りました。中でも日本食品分析センターは医薬品のみならず、食品や工業製品、環境関連物質など様々な分析をしており、世間で話題になるような感染症や環境汚染などが起った際、分析することでそれらを解決していることを知りました。医薬品の安全性を守るだけでなく、世の中の多くの人々の健康も守ることができる会社だと感じ志望するに至りました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

就職活動で苦労したことは面接です。私は人前で話すと緊張してしまうタイプで、今まで面接を受けたことがなかったこともあり不安に感じていました。どう準備していいのか分からなかったので、キャリアサポート課に相談しました。面接で聞かれそうなことや答え方などをアドバイスしてくださったり、面接の練習をしてくださったので落ち着いて臨むことができたと思います。初めての面接が第一志望の日本食品分析センターだったのでとても緊張しましたが、笑顔を忘れないように心がけ、自分が伝えたいことは伝えられたと思います。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

私が就職活動のなかで後悔していることはエントリーシートや履歴書をいつもギリギリに書いていたことです。いつも締め切りの直前になるまで書き上げられなくて、焦りながら作成していました。気持ちが焦っていると良い文章が書けないですし、間違えることも多かったので、エントリーシートや履歴書は早めに書き始めるべきだと痛感しました。選考が進んでいくと準備しないといけないことが増えたり、学校では研究や勉強もしないといけないので大変だとは思いますが、後悔のないように頑張ってください。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

私の将来の目標は様々な分析試験ができるようになることです。日本食品分析センターにはたくさんの部署があり、いろいろな分野の分析試験をしています。大学の研究室では限られた測定機器しか使ってこなかったので不安もありますが、知らない測定機器や分析法は積極的に勉強したいです。医薬品の分析だけにこだわるのではなく、食品や環境関連物質など今まで自分が知らなかったことにも挑戦していきたいと考えています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

3月に就職活動が解禁となって会社説明会がどんどん始まっていき、私もたくさんの会社の説明会にエントリーしました。一日に数社の説明会がかぶってしまったり、説明会の会場が離れていて移動する時間を考えないといけなかったりなど、スケジュール管理が大変でした。でも、説明会では他の学校の学生と出会えたり、同じ職種を目指しているからこそ聞ける話もあって、とても良い機会になったと思います。

04 武副 由佳さん(薬学部 薬学科/薬物治療学研究室)【内定先企業名】MSD株式会社(MR)

■学生時代の一番の思い出
就職活動を通じて、多くの企業のインターンシップに参加したことで、たくさんの他大学の学生と接点を持つことができ、自己成長の機会になりました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

薬学部を目指し、入学した当初から将来は新薬を通じて医療に貢献することができる仕事に就きたいと考えていました。そのため、新薬で医療に貢献することができる職種を色々知った上で決めたいと考え、MRのみではなく、研究職や開発職などのインターンシップにも参加しました。そして昨年の夏以降はMR職を中心としたインターンシップに参加し、製薬業界の研究やMRの職種理解に努めました。職種研究を始めた当初は「MR=激務」という印象しかありませんでしたが、MRの仕事を理解していくうちに、MRの仕事にやりがいを感じ、将来はMRとして活躍したいという想いが募りました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

就職先候補を絞り込むまでの経緯と研究方法としては、気になった製薬企業のインターンシップや企業説明会に参加して、人事の方から企業の強みや弱みを伺った上で企業選びの軸を決め、その軸をもとに就職先候補を絞り込みました。最終的には、研究開発力があり革新的新薬を創出することに特化した企業であること、将来一緒に仕事することになるだろう社員の方が魅力的であると感じること、自分らしく働くことができる環境があるかどうかの3軸に絞り、中でもインターンシップから社員の方と接点が多く、企業の魅力を深く知ることができたMSD株式会社に決めました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

就職活動を通じて苦労したことは、面接で自己PRや学生時代に頑張ったことを伝えることができず、面接を終えることが多々あったことです。そこで、大学で開催された模擬面接に参加したり、面接を通過している友達に、面接で話している内容を聞いてもらってアドバイスをもらったりして、話す内容や伝え方に改善を重ねました。また、企業説明会などでは、人事の方から企業で活躍している人の特徴や求める人材像を伺ったりして、その人材像と重なる自身の強みを書き出し、強みを発揮したエピソードを話せるように準備したりしました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

夏のインターンシップから企業研究や職種研究など就職活動を始められた方も、就活解禁になってから始めた方も、就職活動では、面接が上手くいかなかったり、エントリーシートが中々まとまらなかったりと、思い悩む場面にたくさん出会うと思います。けれど、どんな時も諦めずに信念を持って取り組めば、納得のいく結果になると思うので、最後まで頑張ってください。就職活動に煮詰まった時には、就活で出会った友達と御飯に行ったり、適度に息抜きをして、是非楽しんでください。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

将来の目標として、まずはMRとして医薬品を適正に使用し、医療に貢献することができる人材になれるように、多くの医療人の方から信頼されるパートナーへと成長することです。その過程で、自分自身のみの成長だけでなくMRとしての活動で得た経験やノウハウを営業所の仲間にも波及させ、営業所を引っ張っていけるような存在に成長したいです。そして将来的には、企業の成長を担うことができるような人材になりたいです。現在興味がある部門としてはMSLやマーケティング、人事の職種を考えています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

就職活動を通じて印象に残った出来事は、多くの企業のインターンシップに参加したことでたくさんの他大学の学生との接点を持つことができたことです。異なるバックグラウンドを持つ学生と接することで、自分になかった考え方や価値観に触れることができました。そして、何より人生で一番自分自身と向き合った時間だったと感じています。

05 田中 希さん(薬学部 薬学科/微生物学研究室)【内定先企業名】近畿大学医学部附属病院(薬剤師(病院))

■学生時代の一番の思い出
フォークソング部、柔道部のマネージャー、微生物学研究室と周りの友人たちに恵まれ、有意義で楽しい時間を一緒に過ごせたことが一番の思い出です。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

5年次の実務実習前は漠然と薬剤師として薬局で働きたいと思っていました。しかし、病院実習を経て調剤でもピッキングのみならず、注射剤や輸液の混合なども行ったり、病棟での患者さんへの服薬指導、他の医療従事者との関わりを経験し、薬剤師としてより幅広い業務を学びたいと思い病院薬剤師を志望しました。また、他の医療従事者と関わることで薬剤師以外からの視点も学ぶことができそうだと思ったからです。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

めでぃしーんなどの就職セミナーにできるだけ参加し、希望していた大学病院に限らず様々な病院の話を聞き、メリットとデメリットを自分の中で整理し書き出していきました。そこで私が近畿大学医学部附属病院を選んだのは、キャリアサポート課の方から情報を聞いたことがきっかけです。また、病院見学の際に、
●調剤からしっかり学べる教育制度の充実
●20代・30代の方が多くいらっしゃって活躍されているところ
を実際に見て聞いて私も是非ここで働きたいと思うに至りました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

志望動機や自己PR、小論文などで自分の伝えたいことをわかりやすくまとめることに苦労しました。キャリアサポート課で模擬面接をしてもらうことで、自分でまとめた内容に対する矛盾点や疑問点があれば、その都度助言していただいたため、書き方や自分の考えを文章に落とし込むことができました。病院の特色や自分のやりたいことをノートに書き出してからまとめていきました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

6回生は研究室、勉強、就活と忙しくなるので大変ですが、就活はキャリアサポート課を最大限に活用して挑むと良いと思います。私自身、1枚の履歴書を完成させるのに意外と時間がかかったので、前もって自己PRなどまとめておくことが大切だと思いました。また、定期的にキャリアサポート課の模擬面接を入れてその日までにここをまとめる、完成させるなど短期間での目的をつくると効率良く進むと思います。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

患者さんだけでなく、他の医療従事者や患者さんの家族からも信頼されるような薬剤師になりたいです。また、中高に加え6年間も大学に通わせてくれた両親に親孝行できる社会人になりたいです。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

病院見学で出会ってとても仲良くなった友達がいたのですが、結果的に同じ病院を受けることになり、一緒に内定をもらえたことが嬉しかったです。その友達がいたため「更にがんばろう」と思え、来年の就職後も楽しみな気持ちでいっぱいです。研究、勉強、就活のことなど他大学の学生の話を聞く機会はなかなかないので、それも就活の醍醐味かなと思います。

06 橋崎 大輔さん(薬学部 薬学科/機能分子創製化学研究室)【内定先企業名】株式会社ナード研究所(研究)

■学生時代の一番の思い出
バレーボール部で、自分がレギュラーとして出場した大会で優勝できたことが一番の思い出です。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

私は、大学に入学したときから研究職に就きたいという思いでいました。また、5回生のときの実務実習で、現在使われている薬が基本的には対症療法薬しかなく、根治治療できる薬がほとんどないことを改めて知りました。研究職についてより考えるうちに、今は薬のない疾患や対症療法薬しかない疾患に対する薬を創り届けることで社会貢献したいと思い、研究職への志望が強くなりました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

自分が行っている研究内容を活かせる企業に絞り企業研究していました。製薬メーカーはインターネットなどで調べました。化学メーカーや受託メーカーは先生方にどのような企業があるか教えていただき、そこからインターネットで調べました。その中から絞っていく際は、研究をずっと続けていけるか、研究所内の職場環境はどうなのかなどをよく調べました。そして、自分が働いてみたいと思う企業にエントリーし、面接や説明会で自分のことを大学名抜きにしっかり見てくれていることを感じ、この会社を選びました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

私は去年までは大学院に進もうと考えていました。しかし、研究室の先生方やOB・OGの方の話を聞き、できるところまでやってみようと研究職で就職活動を始めました。就職活動を始める時期が遅く、6年制薬学部から研究職に行く人も非常に少ないため、情報が圧倒的に少なく情報収集に大変苦労しました。情報を集めるために、薬学系ではなく一般の合同企業説明会や就職塾のセミナーにもできる限り参加するようにしました。また、研究を怠ることなく就職活動をしなければならないことも苦労しました。これはしっかりとスケジュールを立てて行うことで乗り切ることができました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

まずは5回生の間に自己分析を完成させておき、エントリーシートで自己PRをすぐに書けるようにしておくと良いと思います。そして、職種研究を行い、ある程度職種を絞っておき、軸を固めて志望動機などが一貫するようにしておくと良いと思います。企業志望の人は、病院・薬局などに比べて情報が非常に大切になります。本当に働きたい企業を選ぶ決定打にもなるかもしれないので、できる限り細かい情報まで集めておくと良いと思います。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

私の夢は根治治療薬の創出の一員になることです。大学に入ったのは、研究職に就くためであり、薬学部を選んだのは薬を創りたいと思ったからです。そして今、研究職に進むことができました。その先で今は薬のない疾患や対症療法薬しかなく、苦しまれている患者さんに少しでも早く薬を創りだし、届けるために、研究の手助けをすることでその一員になりたいと思っています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

研究職で就職活動をしていると、薬学部ではなく理学部や工学部などの修士過程の人と交流する機会が多くなります。その学部によって分野の異なる研究概要や、学生時代の活動を聞くことで、様々な視点や価値観があることを知れたことが印象に残っています。

07 山下 啓太さん(薬学部 薬学科/臨床実践薬学研究室)【内定先企業名】株式会社キリン堂(薬剤師(薬局・薬店))

■学生時代の一番の思い出
学園祭の実行委員での経験です。初めて経験することばかりで苦しいときもありましたが、学べたことや得られたことが多く、良い経験ができたと思っています。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか

私は薬学部に入学を決めたときから、薬剤師として現場で働くことを希望していました。なので、就職活動を始めたときは、他の職種と迷うことなく薬剤師と決めていました。病院と薬局のどちらで勤務するのかを決める際、自分が現場で何をやりたいのかを考えました。その結果、私は薬剤師として、生活者の病気の予防に関わりたいと思ったので、薬局に勤務することを決めました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

私は会社を選ぶ段階で、自分自身会社に望んでいる点が不明確だったので、多くの薬局を見てみることにしました。大手の薬局については大学の先輩方から情報を仕入れることができたので、合同の説明会では自分が知らない薬局のブースへ行きました。その中で、自分が興味を持った薬局には店舗見学に行き、現場の雰囲気を感じ、薬剤師の方からお話を伺いました。その中で、私が内々定をいただいた会社を選んだ理由は、選んだ会社が自分のやりたいことができる環境で、一緒に仕事がしたいと思える薬剤師がいたからです。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

私が就職活動において苦労した点は、候補の薬局を2社にまで絞ったとき、どちらか1社に絞ることができなかったことです。そのときの私は考え込みすぎてしまい、本来自分が就職活動において重視していた点が見えなくなっていました。そこで、頭の中で考えていたことを紙に書き出して整理してみました。そうすると、自分が重視していた点を再認識することができ、最後の1社に絞ることができました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

6回生になってから行動し始めるのではなく、早めから行動することが大切だと思います。実際に店舗などに見学に行き、現場の雰囲気を感じることや、薬剤師の方から話を聞くことによって、薬局ごとの違いが少しずつ見えてくると思いますので、きちんと企業研究をしてほしいと思います。薬局志望だと、「どの会社に就職しても同じ」と言われることがあるかもしれませんが、決して同じではありません。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

今後の目標として、健康な地域の方々と、調剤併設ドラッグストアという環境でつながりを築いていき、そのつながりを活かして、地域に住む方々の病気の予防に関わりたいと思っています。また、薬を服用している患者様には、ご自身の体の状態や病状、薬を飲む意味を理解していただけるように努めたいと思っています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど

私は、就職活動を始める前、就職活動に対して面倒に感じていました。ですが、就職活動において、実際の現場で勤務する薬剤師の方にお話を伺っていくうちに、自分にはない考え方に触れることができ、私はいつの間にか就職活動を楽しんでいました。あの時、面倒に感じ続けて、何も行動をしていなかったら、自分が納得する就職活動はできていなかったかもしれません。