なの花薬局(メディカルシステムネットワークグループ)

超高齢社会の進展とともに、社会的ニーズが増す在宅医療。
なの花薬局では、地域医療の重要性にいち早く着眼し在宅訪問をスタート。
現在では全国300店舗以上で在宅訪問を実施し、年間8万回以上の算定実績があります。

在宅医療の現場

薬剤師の訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導

薬剤師は、継続的な薬剤管理支援が必要な患者さまのご自宅や入居施設に訪問し、薬物治療に関する指導を行います。患者さまのことをよく観察し、変化に気づき、それを適切な多職種につなぐことが在宅医療の生命線です。ここで大切なのが、「臨床知識」や「コミュニケーション力」です。

在宅医療の現場

患者さまの生活スタイルに合わせた薬物療法をご提案

安心・安全な在宅療養を無理なく継続するためには、患者さまの生活スタイルに合わせた薬剤管理が必要です。患者さまのその時々の状況に応じ、対策を提案しながら、服薬状況の改善を目指します。患者さまご自身の治療に対する姿勢も重要ですので、コンコーダンス※を意識した処方設計と服薬管理を心掛けます。患者さまに寄り添い、一緒に治療に臨むことで、より大きなやりがいを得られます。

※コンコーダンスとは、「患者と医療が同じチームの一員」と考える概念で、患者と医療者がパートナーシップに基づき、両者間で情報を共有し、対等の立場で話合った上で治療(服薬も含みます)を決定していくことです。

在宅医療の現場

薬剤管理の個別化

ご自宅にある物を利用した薬剤管理だけでなく、当社オリジナルのおくすりカレンダーやおくすりBOXを利用した薬剤管理も行っています。対応の個別化により、できるだけ患者さまご自身が薬剤管理に参加できる環境をつくります。患者さまの残存能力を活かし、アドヒアランス向上を目指します。

在宅医療の現場

チーム医療の一員として、知識を活かして患者さまのQOL向上に尽力

多職種で関わる在宅医療は、各プロフェッショナルの視点から、多角的に患者さまをみることができます。服薬状況や病態改善が困難な場合は、多職種で情報共有を行い、一緒に改善策を検討します。必要に応じて、患者さまだけでなく、患者さまを支えるご家族、介護者へのサポートも行います。

在宅医療の現場

在宅業務のノウハウを活かして自社出版も

当社では、初めて在宅訪問に携わる薬剤師が安心して業務をスタートできるよう、より実践に結びつく社内教育を実施しています。当社職員の在宅業務のノウハウを集結し、「薬局薬剤師における在宅業務マニュアル」「薬局薬剤師のための注射薬調剤パーフェクト手技 DVD BOOK」の出版や研修用DVDの作成、在宅チームによる在宅医療の研修会や検討会を開催するなど、社内での情報共有も活発です。また、在宅訪問を広く知っていただくために、学会発表も積極的に行っています。

  • なの花薬局(メディカルシステムネットワークグループ)
  • (お問い合わせ先)〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-18 ヒューリック虎ノ門ビル8F
  • 0120-770-234 人事部 採用担当 宛
  • URL:https://www.nanohana-ph.jp/recruit/
  • E-mail:jinji@msnw.co.jp