ふりがな
つちもと・みさき
氏名
土本 美咲
卒業
2016年学部卒
職種
病院薬剤師
経歴
1年目~病院薬剤師

さらに知識を深め、患者さんに最適な薬物治療を提供できるようになりたいです。

Q1:現在の仕事内容は?

現在、調剤・製剤室に所属しており、内服・注射調剤、抗がん剤調製、在庫管理などを行っています。また、病棟業務も兼任しており、患者さんの服薬指導や投与設計、副作用モニタリングなども行っています。薬剤師として、調剤や臨床現場における薬物治療の質を高めていけるように日々勉強中です。

Q2:この仕事の魅力は?

大学病院では、幅広く薬剤や疾患について学ぶことができます。また、調剤室やがん化学療法室、一般病棟に加えて手術室、救命救急センターやICU、治験、TDMなど、幅広い分野で薬剤師として活躍することができることも魅力だと思います。

Q3:この病院を選んだ理由は?

学生時に実務実習を当院でさせて頂き、様々な職種の方々が患者さんのために信念をもって仕事をされている姿、また、積極的に患者さんの治療に関わり現場における薬物治療の質を高めようとされている先輩薬剤師の方々の姿にとても感銘を受けました。自分もそんな先生方みたいに働きたいと思い、選びました。

大学時代の思い出

■所属サークル 薬学部の薬局班に所属していました。三蔵祭において作成したハンドクリームや入浴剤などを来場者に提供したり、3年次には「お薬手帳の必要性」というテーマでポスター発表を行いました。

■つらかった思い出 中間試験や期末試験です・・・テスト週間になると、34号館や寮の自習室で友達と夜な夜な勉強会を開き、対策を立てていました。一人だったら乗り越えられていないと思うくらい辛かったです。

■思い出の場所 6年間ずっと女子寮で生活をしていました。登校時間5分の魅力に寮から出れずに居ました(笑)。楽しいことも辛かったことも寮生活の中でたくさんありましたが、どれも本当に良い思い出です。

一日のスケジュール

  • 06:30起床し、朝食を食べます
  • 08:30勤務開始。テキパキ動き回っています
  • 12:00昼食。一休みして午後に備えます
  • 17:30勤務終了。たまに、勉強会に参加したりします
  • 20:30帰宅。毎日ヘトヘト
  • 21:00TVをつけてのんびりしています
INFORMATION
広島大学病院は、県の医療の中核を担い国際水準の治療を行う病院です。
薬剤師は、調剤、製剤、薬務など中央業務に加え、病棟や手術室、高度救命救急センター・ICUなどに常駐するとともに、いろいろな医療チームで活躍しています。薬剤部では様々な認定の取得を支援しており、多くの専門・認定薬剤師を輩出しています。大学病院として、「教育」、「研究」にも力を入れており、様々なことにチャレンジしている職場です。