01 磯田 裕美子さん(薬学科/機能形態学研究室)
【内定先】アステラス製薬株式会社(MR)

■学生時代の一番の思い出
休みを利用して友人たちと旅行に行ったり、習い事に打ち込んだりしたことです。勉強だけではなく様々なことに注力し、メリハリのある学生生活を送ることができました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか。

業界・職種を問わず様々なインターンシップに参加しました。実際に現場に足を運ぶことで、「その業界の社会での役割」、「その職種の企業での役割」を体験的に学び、自らの適性や実現したいことと照らし合わせることができました。私は大学で学んできた薬学の知識を活かして社会貢献したいと考えたため、医薬品業界を選びました。その中でも自身の性格を活かすことができ、また現在の医療で満足していない患者さんへの貢献と医療の前進を一番近くで感じることができる、MR職を志望しました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

企業を絞る前に、まずは様々な企業のインターンシップやホームページから、様々な情報を集めました。そこから、実際に自分はどのような環境で働きたいのかというイメージを明確にしました。そして「新薬にこだわる姿勢」「キャリアチェンジを含め、挑戦を奨励する風土」を軸に企業を絞りました。さらに、魅力を感じた企業については、実際に働いている方を紹介していただき、生の情報も得るように心がけました。その中で、アステラスには、上記の軸はもちろんのこと、人の温かさもあることが魅力的だと感じ、決め手となりました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

最終面接です。当初は、一次面接の感触は良いのに最終面接に不合格になることがありました。そこで、就職活動でできた友人や先輩などに相談したところ、「志望動機の受け答えが短い」との意外な指摘を受けました。これまでは、冗長に話すのは良くないと考えていたため、簡潔にまとめ、詳細は面接官に質問されてから言えば良いと思っていました。しかし、アドバイス通り、論理性を意識しながらも志望動機を短時間でまとめすぎないことで、より熱意が伝わるようになり、それ以降は最終面接で不合格にならなくなりました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

就職活動は自分を長期的且つ徹底的に見つめ直すため、大変な時もある一方で大きく成長できたと思います。楽しみながら、息抜きをしながら、自分らしく頑張ってください!ちなみに、ここぞという時の決断力に自信がない人は、第一志望を最終面接前に決めておいた方が良いと思います。内々定が出てから1社に絞っている人もいましたが、私は内定が出てから2社で本当に迷ってしまい、そこからさらに情報を集めるなど時間もかかってしまいました。これだけは譲れないという選社軸を決めておくのも効果的だと思います。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

医療の前進に関わることです。まずは、私自身がMRとして医師から信頼を得て、最適な処方提案などを行うことで、患者さんに貢献したいです。そして、多くの患者さんに画期的な医薬品を届けることで、医療の前進を先導したいです。その後は、MR職にこだわらず、最先端の革新的な医薬品を多くの患者さんに届けることに貢献できる仕事ができたら良いと考えています。また、メリハリをつけて仕事とプライベートを両方充実させられる人になりたいです。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど。

就職活動では大学外にも多くの友人ができました。大変な時期も一緒に乗り切った仲間とは絆も深まり、今でもプライベートで遊びに行くほどです。就職活動でできた友人とお花見をしていて、ついつい飲みすぎてしまい、次の日の朝の面接に二日酔いで臨んだのも、今となっては良い思い出です。しかし、本当に辛いので、特に午前中の面接の前日に飲み会の予定を入れないことを強くお勧めします・・・。

02 川邑 夏美さん(薬学科/有機合成化学研究室)
【内定先】NTT東日本 関東病院(薬剤師(病院))

■学生時代の一番の思い出
研究室での日々が一番の思い出です。毎日朝から夜遅くまで実験して、大変なこともありましたが、仲間も増えて充実した時間も多かったなと思います。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか。

就活を意識し始めた頃は、まず合同説明会に参加しました。興味を持った企業のインターンシップや説明会に参加し、社員の方々との交流を通して会社の雰囲気などを感じ取るよう心がけました。元々はCROに興味があったので、CRO業界をみていたのですが、5年生の時の実習を経て、臨床現場で働きたいと思うようになり、薬剤師として働くことに決めました。病院に決めた理由は、将来の選択肢の幅が増えると感じたからです。カルテを閲覧しながら疾患を学ぶことができますし、転職することがあっても転職先として色々と考えることができると感じ、病院を選びました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

初めは病院の規模から決めようと思い、小規模病院から大病院まで何施設も見学に行きました。見学を通じて、私は中規模の大きさで薬剤師人数がある程度いる病院が向いていると感じたので、そこからは中規模病院に絞り、情報を集めました。最終的に決めた理由は、調剤ミスを起こさないようにする様々な工夫が施されていたことと、病院の雰囲気が良かったこと、あとは通勤時間が短く済むという色々な条件が揃っていたからです。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

業界を絞ることに苦労しました。新卒はどの業界でも手厚い教育を受けることができることから、やはり社会人1年目は大切だと感じました。本当にこの業界で良いのか自問自答してきたので、業界を決めるまでに時間がかかりました。業界研究と自己分析のために、実際に説明会、特にインターンシップに参加して仕事内容を理解し、社員の方にも色々と質問することで会社のことも知るようにしました。あとはその業界に勤めている先輩方からお話を聞くこともとても良かったです。情報をたくさん得ることが、就活で失敗しない秘訣だと思います。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

何が起こるかわからないのが就活なので、油断せず諦めず後悔しないよう頑張ってください。病院希望の方は就活の時期が他職種と違い、長期戦になることが多いです。自分だけ決まっていなくて焦ることや、勉強時間がうまく取れずきついと感じることもあるかもしれません。そういう時は同じ病院志望の友達と話をしたり、学生部の方に相談にのってもらうとだいぶ違うので、どんどん頼れる人に相談してください。学生部に色々と相談して、面接対策や履歴書の添削などをお願いすることをおすすめします。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

まずは一人の薬剤師として任された業務をそつなくこなすことが目標です。将来的にはチーム医療に携わることができたら良いなと思っています。仕事をしていく中で興味のある分野に出会えたら、その分野の専門薬剤師などの資格を取ることも考えていますが、実際に働いたら気持ちが変わる気もします(笑)。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど。

CROで1社だけ面接に行った会社があります。面接時には病院志望に変わっていたので、社会勉強の一貫として最終面接を受けに行きました。面接官からは「CRO業界を考えていて弊社に行きたいという気持ちを一番に伝えてほしい」と言われましたが、正直に病院も考えていると伝えてしまいました。その時の面接での受け答えは今でもはっきりと覚えていますし、病院での面接の時に自分の発言を間違えないように気をつけるきっかけにもなり、とても勉強になった経験です。

03 國分 彩圭さん(薬学科/有機合成化学研究室)
【内定先】第一三共株式会社(MR)

■学生時代の一番の思い出
一番と思うことができる思い出がたくさんあり、選びきれません。部活動や研究室など周りの人に恵まれ、楽しい6年間の学生生活を送ることができました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか。

合同説明会に参加し、様々な職種のブースを回り、それぞれの仕事のやりがいや必要な能力を知り、また、病院実習や薬局実習を通じて、自分に合った職種は何かを考えました。その中で、気になったところはインターンシップに参加し、さらに実際に働いている先輩方から話を聞くことで理解を深めました。私は、なんとなくでしたがMR職に興味がありました。より多くの人と関わることができ、多くの患者さんに貢献できる製薬会社で働くことに魅力を感じ、また、自分自身の能力を生かすことのできる職種はMRであると感じ、決定しました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

インターンシップに参加し、その会社の特徴だけでなく自分が将来どんな仕事がしたいのか、その会社で自分がどう働くのかをイメージしました。また、内定した先輩や働いている先輩と話をすることで、その会社で働く人の雰囲気をみました。私は、自己成長をし続けることができる環境であること、自分に合った雰囲気であることを重視して、就職活動を行いました。第一三共を選んだ理由は、個の力がチームの成長につながる「チーム力」、変化する環境に合わせて革新的医薬品を創出し続けることのできる「創薬力」、医療従事者から選ばれ続ける「No.1」、この3つに魅力を感じたからです。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

私は、就職活動を始めるのが周りよりも少し遅く、夏頃からインターンシップに参加している友人もいたことで、遅れているという焦りがありました。そこで、周りの就活を始めている友人から話を聞き、学生支援部の就職担当の方に話を聞いてもらいました。冬のインターンシップに参加することで、少しでも追いつこうと頑張りました。いくつかインターンシップに参加し、足りない知識は周りの友人から聞き、情報共有しました。結果、3月の就活解禁時には自分に自信を持って就職活動を行うことができ、内定をいただくことができました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

今思うと、就職活動は長いようで短かったように感じます。不安は常にありますが、周りと協力し合って頑張ってほしいと思います。私は、先輩はもちろん友人や就職支援部の方々にたくさん話を聞いていただき、相談にも乗っていただきました。まわりに添削をしてもらうことは恥ずかしいことかもしれませんが、まわりからの意見を取り入れるとより良いものになっていくと思います。自己分析をして、自分が何をしたいのかを明確にすると、どの企業が自分に合っているのかが見えてくると思います。頑張ってください。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

私は、より良い治療を多くの患者さんに届けるために、自分から進んで挑戦し、様々な視点を持って医療業界に貢献したいと考えています。まずはMRとして現場の最前線に立ち、担当エリアで適切な情報提供や情報収集を行いたいと思います。MRとして経験を積み、チームを統括する立場となり、営業戦略を企画したいと考えています。現場で自分自身が経験してきたことや、学んできたことを部下に伝えて育成したいです。その後、さらに視野を広げるために、MRや営業以外の部署への異動も視野に入れ、様々なことに積極的に挑戦したいと考えています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど。

友達がたくさんできました。私と同様に冬のインターンシップに参加している他大学の同期がたくさんいました。インターンシップは班ごとに話し合いをするので、同じ班の子とは特に仲良くなりました。また、他社のインターンシップでも一緒だったりするので、どんどん他大学の就活仲間が増えていきました。実際に6月から面接などが始まった時に、面接前や面接後に合流して情報共有や互いを励まし合って、就職活動を乗り切りました。このように切磋琢磨し合える仲間と出会え、充実した就職活動となりました。就活仲間とは、今でも仲良く食事に行ったりしています。

04 外薗 可帆さん(実務教育研究部門)
【内定先】パレクセル・インターナショナル株式会社(モニター)

■学生時代の一番の思い出
私の学生時代の一番の思い出は、温泉旅行です。温泉に入るのが大好きなので、入学してから5年半色々な場所の温泉を巡ることができました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか。

私がCRO業界を選んだきっかけは、病院実習にて新薬を服用している患者さんと関わる機会があり、新薬開発に携わるCRO業界に興味を持ったからです。また、CRO業界は福利厚生がしっかりしており女性が働きやすい環境である点や、土日休みで自分のプライベートを充実させながら働くことができる点に魅力を感じました。そこで、5年次の秋頃からインターンシップに参加し、CROで働く様々な職種のお話を詳しく伺った結果、CRO業界の中でも外勤が多く、多職種とコミュニケーションをとる機会の多いモニター職に自分の適性を感じたため、モニター職を選びました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

私が、パレクセル・インターナショナル株式会社を選んだ一番の理由は、内資と比較してグローバル治験の割合が多く、提携国も多岐にわたるためです。様々な企業のインターンシップに参加した結果、私は今後のCRO業界は今まで以上にグローバル化が進んでいくと考え、グローバル化の波に強い企業に是非就職したいと考えました。また、インターンシップで風通しの良い社風であると感じたことや、内勤の際の私服が自由であること、フレックスタイム制をいち早く導入していることなど、私自身の性格にも合っていると考え、この会社を選びました。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

就職活動で苦労したのは、スケジュールの管理やビジネスマナーについてです。本格的に就職活動がスタートすると、WEBテストやESの締め切りに追われることになります。また、選考が進むにつれて面接の練習もしなくてはならなかったので、スケジュール管理が大変でした。そこでスケジュール帳やリマインダーのアプリを使うことで、気が付いたら締め切りが過ぎていた、ということがないようにしました。ビジネスマナーに関しては、就職活動を始めてすぐに、ビジネスマナー講座を行っているインターンシップに参加して学びました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

CRO業界は秋や冬に行われるインターンシップに参加すると、一部の選考が免除になる早期選考がある企業が多いので、積極的に参加したほうが良いと思います。また、CRO業界やモニター職についての詳しい話もインターンシップで聞くことができるので、そこで得た情報はESや面接での志望動機の参考になると思います。CRO業界に内定をもらっている先輩に相談するのも良いと思います。特に就職活動を始めてすぐの時は、ESの書き方もわからなかったので、先輩に添削していただいていました。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

今の目標は、英語ができるようになることです。グローバル治験で使う資料は英語で記載されているものがほとんどなので、滞りなく業務を遂行するためにも英語力を身につけなくてはいけないと考えています。また将来的には、プロジェクトリーダーにも携わってみたいという思いがあり、そのためにも卒業後は英語力アップを目標に頑張りたいと考えています。
Q6

就職活動を通じて印象の残った出来事、今だから話せるエピソードなど。

今の目標は、英語ができるようになることです。グローバル治験で使う資料は英語で記載されているものがほとんどなので、滞りなく業務を遂行するためにも英語力を身につけなくてはいけないと考えています。また将来的には、プロジェクトリーダーにも携わってみたいという思いがあり、そのためにも卒業後は英語力アップを目標に頑張りたいと考えています。

05 安井 綾乃さん(薬学科/有機合成化学研究室)
【内定先】株式会社トモズ(薬剤師(薬局・薬店))

■学生時代の一番の思い出
大学3年次に友人とニューヨークに旅行をしたことです。カルチャーや街並み、様々な点において日本にはない壮大なスケールを体感できました。
Q1

職種研究をどのように行い、なぜ決定職種を選ぶに至りましたか。

医療従事者を目指す人なら誰しも耳にするであろう「2025年問題」について大学や実務実習を通して学びました。調剤薬局は全国にコンビニエンスストア並みに多くの店舗を構えているため、その機能をしっかりと果たすことが2025年問題において大事だと考え、私もそこで貢献していきたいと思いました。
Q2

就職先候補を絞り込むまでの経緯・研究方法と、その会社を選んだ理由を教えてください。

入学当初から薬剤師といえば病院のイメージが強く、それは5年次の実務実習を経るまで変わりませんでした。しかし、実習を通して、いま求められている日本の医療形態を知っていくうちに、地域密着型の調剤薬局に興味がわきました。それと同時に日々の生活から、健康な人も支えることができるドラッグストアへと関心が移り変わったのがきっかけです。ドラッグストアの中でも調剤に特化しており、且つどの店舗も統一して整然とした雰囲気があり医療機関の一つとして地域の人から認識されているという点に魅力を感じたからです。
Q3

就職活動で苦労した点とそれをどのように解消(克服)したか教えてください。

自分の性格と社風が合うのかどうかを判断することに苦労しました。将来なりたい薬剤師としての姿を具体的に考え自己分析をしました。さらにそのうえで積極的に説明会へ足を運び、実際にその会社で働いている薬剤師の方に様々な質問をして、自分が抱いている将来の像と一致するかどうかを考え、解消することができました。
Q4

これから就職活動を行う後輩へメッセージ&アドバイスをお願いします。

型にはまりすぎず、あらゆる分野に興味関心を持って視野を広げてください。また時間が許す限り、様々なことに対してチャレンジする姿勢を持ってほしいと思います。
Q5

将来の目標、または夢を教えてください。

日々のモチベーションを高く持ち、かかりつけ薬剤師として患者さん一人ひとりの健康を守れる薬剤師を目指したいです。また、一般用医薬品を通して国が推奨しているセルフメディケーションのサポートにも貢献したいと考えています。