めでぃマガ2021
142/182

独立行政法人 国立病院機構 関東信越グループ「薬あるところ薬剤師あり!」様々な資格を取得して、チーム医療を担う病院薬剤師病 院国立病院機構は、全国を6つのグループに分けて統括され、関東信越グループには、1都9県に32の病院があり、救命救急センターなどを有する急性期型の病院から、慢性期・回復期・終末期型の病床を有する病院まであります。また、一般診療から専門性の高い医療までを担い、地域の医療に貢献しています。全国のネットワークを活用し、医療職としてのキャリアを積むことで、医療の専門性を追求できます。全国に141病院、関東甲信越地区に32病院を擁する日本最大級規模の医療グループです。国立病院機構では、院内感染対策チーム、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チーム、医療安全推進チーム、災害対策チームなどの中心メンバーとして薬剤師が活躍し、医薬品の適正使用を推進しています。また、病棟常駐も行っており、医療チームにおける薬剤師の役割は、ますます重要になっています。チーム医療を推進し、国民一人ひとりの健康の増進、地域社会への貢献をしています。薬剤師も多数活躍するチーム医療が進められ、国民一人ひとりの健康の増進、地域社会への貢献をしています。141

元のページ  ../index.html#142

このブックを見る