めでぃマガ2021
29/182

調剤薬局業界の市場推移と動向●調剤医療費は年々上昇調剤薬局医薬分業の目的は、医師が患者に処方せんを交付し、保険調剤薬局の薬剤師がその処方せんに基づいて調剤を行うことで、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担して、国民医療の質的向上を図ることにあります。病院が薬局機能を院外に出す医薬分業の推進によって、現在では医薬分業率は7割を超え、私たちの生活に定着しつつあります。疾患を抱える患者が病院や診療所を訪れて治療を受けた後には、入院や特殊な場合を除いて、保険調剤薬局で医師の処方せんに基づいて薬を受け取るという、院外処方が一般的なスタイルとなっています。そして、厚生労働省令では、処方せん40枚当たりに1人の薬剤師の配置基準を義務付けています。では、この保険調剤薬局を取り巻く市場や環境は、近年においてどのような推移と動向を示しているのでしょうか。下の図を見てみましょう。2018年度の調剤医療費は、7兆4千億円を超えています。また、処方せん枚数は年々増加していて、全国の薬局数も約5万9,000店となっています。調剤薬局は、より高度な医療サービスを行う場として、社会に根強く浸透しています。医薬分業率(%)(全国平均)調剤医療費(億円)日本薬剤師会調査厚生労働省調査処方せん枚数(万枚)厚生労働省調査’11’12’13’14’15’16’17(年度)’1865.60166.43170.38078.74674.95377.12974.74671.987’11’12’13’14’15’16’17(年度)’1865.167.070.072.866.168.771.774.0’11’12’13’14’15’16’17’18(年度)77.85179.43082.37280.83182.99983.88684.36178.986業界・職種研究28

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る