めでぃマガ2021
35/182

病院での薬剤師のポジションと役割●チーム医療と薬剤師病院でのチーム医療は、医師、看護師、薬剤師などさまざまな職種の医療従事者がそれぞれの分野での専門家として意見を出し合い、緊密に連携していくことで、患者の生命と生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を向上していく医療スタイルです。その中で、薬剤師はとくに近年、より高度な専門知識と技術が求められるようになり、「専門薬剤師」の認定制度も発足するなど、職域が広がっています。主に、といったさまざまなシーンにおいて、その役割と有用性を発揮し活躍しています。さらに、2012年度診療報酬改定では、「病棟薬剤業務実施加算」100点が新設されました。これは薬剤師が病棟において、「医療従事者の負担軽減及び薬物療法の質の向上に資する薬剤関連業務を実施している場合」に算定するもので、病院薬剤師にとっての大きな期待感の表れとも言えます。●薬局薬剤師との連携大学病院などでは医療の連携を進めるために、クリニカルパス(診療スケジュール)を院内だけでなく、門前の調剤薬局との連携ツールとしても活用しています。医療をチームで行う仕組みの中で、病院薬剤師と在宅医療の患者を支える薬局の薬剤師とのシームレスな連携も、重要な役割として望まれています。ベッド数200床以上で、一般病院と特定機能病院の中間に位置し、地域の診療所や中小病院からの紹介患者及び救急患者を主に診療する病院。地域の医療機関との医療機器の共同利用、地域の医療従事者の資質向上のための研修の実施など、地域医療の基幹病院としての役割を担います。◆地域医療支援病院急性期の疾患を治療する一般病床に対して、慢性疾患や長期の入院が必要な患者を治療するために設置されたのが「療養病床」で、医療保険の対象になる医療型療養病床と介護保険の対象になる介護型療養病床があります。◆療養病床65歳以上の要介護認定者で病状が安定し、リハビリテーションに重点を置いた医療ケアと介護が必要な患者が入所する医療介護施設。◆介護老人保健施設■医薬品の副作用・相互作用マネージメントのための臨床検査・薬物血中濃度測定 のオーダーの実施、必要な対応の提案■副作用の重篤化回避や治療に難渋する患者への対応について、医師との協働の もと処方提案や処方設計を分担■高度な医療判断に備えた医薬品情報の収集・評価・活用などの実践■ハイリスク医薬品の適正使用・ハイリスク患者の重点管理の推進業界・職種研究34

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る