めでぃマガ2021
38/182

糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を備え、医師の指示のもと、患者に熟練した療養指導を行うことができる医療従事者を対象に与えられる資格。薬剤師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士の資格を有する者及び准看護師、栄養士の資格を有する者が対象で、生活習慣病対策が叫ばれる現代において、取得へのニーズが高まっています。◆糖尿病療養指導士幅広い領域の薬物療法において、高い水準の知識、技術及び臨床能力を駆使して、他の医療従事者と協働して薬物療法を実践する薬剤師。患者に最大限の利益をもたらすことができる信頼される薬剤師として、国民の保健・医療・福祉に貢献していきます。◆薬物療法専門薬剤師緩和医療に対する高度な専門性を持った薬剤師として、がん患者や家族への支援を行います。オピオイド製剤を中心とする薬剤の情報提供、適正使用のチェックを通しての患者や家族への服薬指導、副作用や相互作用への適切な対応に努めます。◆緩和薬物療法認定薬剤師透析・腎移植を含めた慢性腎臓病診療など、幅広い腎臓に関わる薬物適正使用の専門知識を活かして、患者のアドヒアランス向上や有効かつ安全な薬物療法を提供できる薬剤師として、国民の保健・医療・福祉に貢献していく役割を担います。◆腎臓病薬物療法認定薬剤師病院や在宅医療の現場で見られる褥瘡(床ずれ)についての専門的な知識や技術を活かし、予防・治療、さらには患者やその家族と医療チームに対して、褥瘡予防や日常的なケアの方法、薬の選び方や塗り方に関する提案・指導など、幅広い業務を担当します。◆日本褥瘡学会認定師(認定褥瘡薬剤師)小児科領域において、医薬品に関わる専門的立場から医療チームの一員として、小児薬物療法に参画するための一定レベル以上の能力と適性を備え、さらに患児とその保護者などに対しても、医薬品に関する適切な指導・助言及び教育を行います。◆小児薬物療法認定薬剤師救急治療における薬物療法に関する高度な知識や技術、倫理観、実務経験を備えた薬剤師。救命救急センターやICU(集中治療室)で、注射薬を使用したバイタル管理、感染管理、栄養管理などを通じて患者の生命維持に努め、緊急性の高い医療提供を担います。◆救急認定薬剤師認知症領域において、医療・介護・福祉チームの一員として薬物療法を中心に参画します。認知症の早期発見、かかりつけ医との連携などの役割を担い、患者とその家族に対して薬学的視点を踏まえた適切なアドバイス、状況に応じた服薬指導を行います。◆認知症研修認定薬剤師日本で初めて発足した認定薬剤師。臨床薬理学領域での広範な知識と技能を備え、学術活動、教育・研究活動、技術発展に寄与し、医薬品の適正使用の推進、臨床試験領域においてIRB(治験審査委員会)などに重要な役割を果たすことが求められます。◆日本臨床薬理学会認定薬剤師最新のアンチ・ドーピング規則に関する知識を有する薬剤師で、国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供・啓発活動、学校教育の現場におけるアンチ・ドーピング情報を介した医薬品の使用に関する情報提供・啓発活動などを担います。◆公認スポーツファーマシスト37

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る