めでぃマガ2021
40/182

●医薬品の物流を担うMSMS(Marketing Specialist)とは医薬品卸の営業職と位置付けられ、医療機関の医薬品の物流と納入価格の交渉などを担う仕事です。病院や診療所、調剤薬局などからの注文に対して医薬品を届けることが日常業務となりますが、急遽特殊な薬剤の発注を受けて速やかに対応していくケースも求められるなど、通常のルート営業に限らず、緊急時の対処をどれだけ正確かつ迅速に行っていけるかがポイントとなります。そしてそれは、患者の生命を救うことにもつながる重要な仕事と言えます。また、MSは医療関係に従事するさまざまな職種と接することも特徴で、MR、医師、薬剤師だけでなく事務スタッフも含めて、情報交換・収集、情報提供・伝達を頻繁に行い、より良い医薬品の安定供給に努めていきます。さらに、近年においてはこれらの業務に加えて、経営コンサルタントとしての能力を求められるMSも増えてきています。医療崩壊が叫ばれる昨今においては経営が困難な医療機関もあり、薬剤の選択や在庫の管理、診療報酬の請求などについても助言を求められることがあります。そのような時に的確なアドバイスを提供できることも、MSの大切な役割です。●薬剤師も専門性を発揮医薬品卸では数多くの医薬品を取り扱うため、MSに加えて薬剤師も活躍しています。主な役割は品質・安全性・有効性の確保、病院・薬局に対する公平な医療情報の提供、MSの支援といったもので、疾患・医薬品に関する多くの情報を扱います。特定の医療情報に偏ることなく、薬剤師として幅広い知識を活かせるというメリットがあります。情報交換・収集情報提供・伝達MR事務スタッフ医師薬剤師39

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る