めでぃマガ2021
61/182

■創  業/2005年9月28日 ■設  立/2005年9月28日■資 本 金/500億円■代 表 者/代表取締役社長 兼 CEO 眞鍋 淳■売 上 高/9,297億円(連結/2019年3月現在)■従業員数/約15,000名(連結/2019年3月現在)■事業内容/医薬品製造販売業(医薬品の研究開発、製造、販売など)■事 業 所/[本社]日本橋(東京)、 [支店] 全国 、[研究拠点] 品川・葛西(東京)、平塚(神奈川)、       館林(群馬)企業情報〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1TEL.03-6740-9635 人事部人材開発グループHP:https://www.daiichisankyo.co.jp/ E-mail:job.ds-saiyo2021@mynavi.jpスマートフォンで簡単アクセス▶詳細はこちら第一三共の挑戦第一三共は抗凝固剤「リクシアナ」、抗インフルエンザウイルス剤「イナビル」など、革新的な医薬品を数多く送り出しています。現在は未充足な医療ニーズの高い領域で更なる研究競争力を構築し、医療満足度の向上に貢献したいと考えています。研究の重点領域を「がん」、次世代領域を「疼痛」「中枢神経系疾患」「心不全・腎障害」「希少疾患」に定め研究開発を進めています。第一三共は、2025年ビジョンである「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を目指し挑戦し続けます。企業・病院研究働きやすい環境の実現に向けてやりがいをもって活き活きと働く社員の力は、企業理念を実現するための「最大の推進力」です。第一三共グループでは、人材を経営上の最も重要な資産と位置づけ、多様性ある働き方を支援する制度や職場環境づくりを目指しています。 例えば、仕事と出産・育児の両立支援の面では、2009年より子育て支援に取り組む企業として継続的に厚生労働省から認定マーク「くるみん」を取得し、2019年2月にはその最上位である「プラチナくるみん」取得も認定されました。また、仕事と育児・介護の両立についても、法定水準を超える育児・介護休業や半日単位でも取得可能な看護・介護休暇などを設けており、2018年5月には女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」の最高評価(認定段階3)を取得しています。このような当社の働きやすい職場づくりが他の企業の模範となるものであると評価され、厚生労働省から2011年度に「ファミリー・フレンドリー企業部門 東京労働局長優良賞」を、2012年には「均等推進企業部門 東京労働局長優良賞」を受賞しました。60

元のページ  ../index.html#61

このブックを見る