めでぃマガ vol.2 めでぃしーんNUMBER
43/52

2020独立行政法人 国立病院機構 北海道東北グループ〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野2-8-8[HP]https://hokuto.hosp.go.jp/病院北海道東北地区病院数北海道東北地区病院数職場の雰囲気を教えてください。more informationキャリアステップを教えてください。more information入社後おおよそ3年目までに調剤等の基本的業務からICT、NST、褥瘡対策等のチーム医療への参画、専門・認定資格に向けた取組等様々な経験を積むことができます。3年目以降は主任試験を受験することが可能となり、合格後は主任薬剤師、副薬剤部科長、薬剤部科長への昇任等新たなキャリアアップの道を選択することができます。また、厚生労働省やPMDA、AMED等への人事交流もおこなっています。北海道東北エリアには20の施設があり、病院間での人事異動も行っていることから、職員それぞれのライフスタイルに合わせた場所で勤務することが可能です。それによりワークライフバランスを充実させることができるため、安心して長く働ける職場の雰囲気があります。また、それぞれの施設の特色に応じた各種資格取得が可能であるためスキルアップを目指す職員も多くいます。国立病院機構は全国に140病院を展開する日本最大級の病院グループであり、北海道東北地区には1道6県に20の病院があります。病院それぞれの特徴を活かし、がん・循環器・成育医療、重症心身障害・筋ジストロフィー医療等19分野の政策医療を担い、患者の目線に立った懇切丁寧な医療の提供を目指しています。 職種インタビュー現在は主に調剤業務を担当しています。処方を監査して正確な調剤を行うことは薬剤師の重要な任務ですので、用法・用量や検査値等に十分注意をし、必要に応じて医師に疑義照会をしています。また、患者さんに接する際は話をよく聞き、不安な点等あれば解決できるように心がけています。まだ分からない事も多くありますが、先輩方に支えられながら毎日楽しく業務を行っています。今後、病棟業務も開始する予定ですが、患者様や他の医療スタッフに信頼され、幅広い疾患に対応できる薬剤師となれるよう日々努力しています。佐高 千里さたか ちさと私の仕事内容病院薬剤師42

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る