めでぃマガ vol.2 めでぃしーんNUMBER
49/52

131131埼玉県庁〒333-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1[HP]http://www.pref.saitama.lg.jp/官公庁・自治体公衆衛生部門に勤務する薬剤師数公衆衛生部門に勤務する薬剤師数事業の特徴を教えてください。more informationキャリアステップを教えてください。more information薬剤師が行政で活躍する分野は多岐にわたります。各分野で携わる業務や法令が異なるため、様々な業務に携わりながら行政薬剤師の仕事全体を把握し、専門性をさらに深めていきたいと考えています。薬事・食品・環境衛生の監視指導に携わることは、各分野において健康被害の発生を未然に防ぐことにあるため、各分野の新たな情報のアンテナをしっかり張り、専門職としての資質向上に努めています。県の薬事行政は、規制指導業務と普及啓発業務に大きく分かれます。規制指導業務は、法令に基づく許認可・監視を行っており、近年、国からの権限移譲が進み、医薬品等の製造に関する行政の責任と役割が大きくなっています。普及啓発業務は、医薬品の正しい使い方や若年層への献血の推進及び薬物乱用防止啓発を積極的に取り組んでいます。また、全国に先駆け、平成18年度からAEDの普及推進に取り組んでいます。埼玉県の公衆衛生部門に勤務する薬剤師の人数です。131人の薬剤師が本庁、保健所、衛生研究所など、多岐にわたる職場で、住民の安心・安全のために活躍しています。法律を解釈・運用する力や事務処理能力が鍛えられ、貴重なキャリアが形成できます。また、薬剤師としての知識や能力を活用して問題を解決できた時には非常にやりがいを感じます。 職種インタビュー薬事監視員(薬局や医薬品、化粧品、医療機器製造業者など幅広い薬事関連の施設を対象)及びGMP調査員(主に医薬品製造業者を対象)として医薬品製造業者に対する監視、指導の業務を行っています。具体的には、医薬品の製造所に対し調査を実施し、GMPという基準に照らし合わせ、医薬品の製造管理と品質管理が適切に実施されているかの確認を行っています。埼玉県は交通の便の良さなどから医薬品の製造所数が多く、国内だけでなく海外に流通する製品も多いため、国際基準に則り適切に製造されているか、より一層厳しい目線での調査が求められています。平井 駿汰ひらい しゅんた私の仕事内容公務員(薬剤師)48

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る