17,473

処方せん平均単価

大学病院や総合病院の門前薬局が7割以上のため、がんやHIVといった高度薬学管理が必要な薬剤を多く扱っています。
処方せん平均単価は1万7,473円(2020年6月実績)
さらに、トレーシングレポートを通じた薬薬連携や退院時カンファレンスへの参加など、薬剤師の専門性を生かして地域医療に貢献しています。

more information

教育制度について教えてください。

入社後約1ヶ月間の新人集合研修(2020年度はオンライン実施)が特徴。
全国の同期と共に多数の実践的なプログラムを交え薬剤師としての基礎を学びます。
店舗配属後も、マンツーマン指導や約5年間にわたるeラーニング研修などを用意。
また、外来がん治療認定薬剤師や緩和薬物療法認定薬剤師の認定取得強化チームの結成などにより、専門知識を磨く環境を整えています。

more information

キャリアステップを教えてください。

日本調剤には大手ならではの多彩なキャリアがあります。
管理薬剤師やエリアマネージャーなど店舗経営に関わる道や、在宅医療部や医薬品バイヤーなどの薬のプロフェッショナルとして活躍する道、さらに採用担当や経営企画部など、新しい職種にチャレンジすることもできます。
また、病院で勤務する「社外ジョブチャレンジ制度」というキャリアの描き方も。
給与や福利厚生はそのままに、平均1~2年の病院勤務を経験できます。

インターンシップ・セミナー情報

医療とまっすぐに向き合う。
大手調剤薬局で体感する、薬局薬剤師の魅力

全都道府県に薬局を展開し、高度薬学管理や在宅医療で地域医療を支える日本調剤。 真摯に医療と向き合う薬剤師が、現場経験をもとに多彩なプログラムを用意しています。
「薬の味見体験」や「薬局体験」等を通して、薬局薬剤師の魅力を存分に体感しよう!オンラインでも実施しています!

実施日程

10月~

全国各地で開催しております。ご都合のよい日程にてご参加ください。
【申込締切日】開催1週間前を予定
●実施日数/1日間~2日間
●実施場所/札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡 ほか、全国各地で実施