1946

1946年にペニシリンを開発。以来、感染症のリスクから人々を守るために、自らの事業を通して社会課題の解決に寄与しています。

1946年にペニシリンを開発して以来、抗菌薬のトップメーカーとして自社独自の製造・開発技術を確立し、国内外へ優れた製品を提供してきました。感染症領域や中枢神経系領域を「スペシャリティ領域」と位置付け、新薬と遜色ない高品質なジェネリック医薬品の供給も行い、多様な医療ニーズに応えています。

医薬品メーカー

Meiji Seika ファルマ株式会社

事業の特徴を教えてください。

新薬・ジェネリック医薬品の事業において、有用で高品質な製品の研究開発、安定的な供給および製品情報の適切・迅速な提供などを通して患者さん・医療機関の皆さまに貢献することによって、社会的責任を果たしてまいります。

今後の展開、取り組みを教えてください。

感染症・中枢神経系の治療薬やワクチン、ジェネリック医薬品、バイオ医薬品をコア事業とし、国内のみならず海外展開も含めてトータルで拡大します。特に当社が強みを持つ感染症領域ではアジアのリーディングカンパニーとなるべく、生産能力・研究開発・普及活動をそれぞれ強化していきます。

インターンシップ・セミナー情報

研究職インターンシップ

製薬業界や当社について等(講義)
先輩社員との交流(仕事内容、meijiに決めた理由など)
業務体験ワークショップ(データ分析など)

実施日程

2022年1月~2月

※開催日程などの詳細はマイページよりご案内します

●実施日数/ 1日~

実施場所

Web開催

Meiji Seika ファルマ株式会社

〒104-8002 東京都中央区京橋2-4-16
https://www.meiji-seika-pharma.co.jp/
【展開エリア】北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄、海外