「生活」「医療」「介護」安心とは?生活とは?フィットネス 薬局 ケアマネ福祉用具

アンサング・シンデレラへ取材協力!『感動』を届ける在宅とは?

80% 訪問診療同行~処方提案~

10店舗 在宅専門調剤薬局~在宅業務に専念できる環境~

50店舗 千葉県店舗数トップシェア~千葉県地域密着型~

9分 タカサの全て<感動>~動画~

タカサの在宅は多くの特徴があります。その中でも一番の特徴が「医師への訪問診療同行」です。現在、在宅総患者数約3,500名のうちおよそ80%の在宅患者へ訪問診療同行を行っています。タカサでは薬剤師本来の職務・責任は「訪問診療への同行」の中で生まれるものと考え、在宅調剤を始めて以来、長い間取り組んできました。また、在宅総患者数のうち、約90%が施設在宅患者となっており、施設在宅にも力を入れています。一人でも多くの方にタカサのサービスを提供するために、他部署が施設を新規開拓し、新たな顧客取得にも励んでいます。単に薬を届けるだけではなく、医師への処方提案や、施設看護師との連携を行うことで、薬剤師として将来性の高い働き方ができます。

現在タカサでは50店舗のうち10店舗が在宅専門調剤薬局として運営しています。タカサは在宅に約30年の歴史があり、多くの失敗をしてきました。「患者さまに要求されても行けない」、「人手不足で対応できない」といった状況が出てきた中で、タカサが編み出したものが在宅をメインとした店舗の出店です。既存の店舗だけでは、自動分包機や監査機、クリーンルームなど、大きな機材を導入するスペースが足りなかったため、在宅をメインで行う店舗を新たに出店し、機材を導入する事で効率よく患者さまへサービスを提供できる体制を強化してきました。また、在宅をメインとした店舗と、外来をメインとした店舗に分ける事で薬剤師の業務効率向上にも繋がり、働きやすい環境にも繋がっています。更に医療事務の職域を拡大し、在宅における対物業務を担当して頂く事で、薬剤師が対人業務に専念できる環境にも変化しています。

地域に根差してサービスを提供し続け40年。 当時は1つの薬局からスタートしたタカサですが、今では薬局を50店舗展開し千葉県内調剤専門薬局チェーントップシェアとなり、更に介護事業が16拠点、2021年には新規事業として介護予防を基盤とした生活を支えるフィットネス事業を展開する予定です。これらの事業を軸に総合的に人と関わり、生活と医療の狭間で悩んでいる方をサポートできるように邁進していきます。

タカサの想いをまとめた約9分の動画となっています。こちらの動画で、タカサへ興味を持って頂けることを願っています。

詳しい会社情報はこちら